0Comments

DAG実装のTravelfrexとは?上場後の動きを追ってみた

2月にICOを終えたTravelfrex(TRF)が最近DAGという新しいコインへ生まれ変わります 今年の春にICOを終えたプロジェクトはビットコインの下落相場に巻き込まれほとんどが苦しい時期でした。そんな中コツコツ開発や情報発信を進めているコインはICO割れしてても来年にはなんとかなるかな?? ICO割れして売るに売れないTRF(笑)がもしかしたらガチホでいいかも?!と期待させるアップグレードもありますのでご紹介します Traveflexとは? 今後さらに成長する旅行業界で使われる暗号通貨になることを目指すプロジェクトです 以上です!   至ってシンプル。でも疑問は それビットコインでよくない? それがTRFであったほうがいい理由があるんですね〜 1)手数料が無料で使えるようになる! DAGアルゴリズムを実装し手数料ゼロを実現 DAGとはDirected Acyclic Graphの事を言い日本語では「有向非巡回グラフ」と言われています ブロックチェーンでは過去のすべての取引が検証され新しいブロックが生成されます。 逆に言うとこれが送金の遅延を起こす理由にもなっているスケーラビリティ問題としてテーマになっていますがDAGアルゴリズムは下図のような仕組みです 図だけ見て理解できたら天才! ブロックチェーンと異なる点はトランザクションの検証には前の2つのブロックを検証するという点です。そのため全てのブロックを検証する必要がないのでブロックの生成が早くマイナーが排除され、ノード自体がマイナーになります。 ノードを立てるには7500TRFが必要で、市場価格だと10万円以下でノードが立てられ報酬がもらえるというのは意外とアリかも 7月23日にこのDAGの実装を行い旧TRFから新TRFへのスワップが現在行われていますので私もやろうと思っています。(スワップは1:1) (旧)TRFコインを(新)DAG TRFにスワップ(切り替え)する方法 このDAGアルゴリズムはIOTAやXRBにも採用されていてDAG通貨として各ブロガーの方に注目されていますが、まだまだ改善する余地は開発側にもありそうです つまりDAGを採用する時点で開発は本気! 2)トラベルフレックスカードが具体的に進むかも! ウォレットカードはマネーロンダリングになることから世界中で使えなくなったのが一昨年の冬ぐらいからでした。そういったこともあってICOでやたらとウォレットカードを押しているプロジェクトはほぼ終わっています ただこういうカードは持ってると旅行ではかなり便利なので欲しいところです。WirexやTokenpayなどEU圏でのライセンス取得に動き出していたこともあってコツコツ関係者にロビー活動をしているようなところは期待ができそうです。ただあと、1年ぐらいはかかるんじゃないかな〜と。 このDAGが実装されたあと投資プラットフォームが準備 法定通貨での入出金ができるようにEUでのライセンスを取得する予定と公式ブログに書かれています。ウォレットカードの前に一歩進んだといった感じです    今後リリースされるモバイルウォレットの機能が旅行者にはいい! ユーザー間でフレンドリストの登録 近くにいるTRFユーザーとのチャット機能 海外をノマド的に働きながらブラブラしてる外国人に何人か会って話したことがあるのですが、彼らは仕事が終わると暇にしてるんですね。近くにいる人に会って飲みに行ったり、Meetupに行ったり、ある人はTinderっていうデートアプリで知り合った人と飲みに行くと言っていました。   マイニングができる ノード自体がマイナーのTRFですが、アプリでマイニングができるとのことです。実際にはネムの委託ハーベストに似たものかなと思います ネムの公式ウォレットを作ってない方はこちらの記事がおすすめです ネムの公式ウォレット「Nano Wallet」を作ろう!   ソーシャルメディアアプリとの連携 時々旅行写真のコンテストなどをしているトラベルフレックスですが、ソーシャルメディアとの連携をしてチップ的な感じでTRFがもらえるようになるそうです 24時間サポート ライブチャット式ですが、サポートも設置。これはどういうサポートかな〜 ウォレットの使い方からTRF決済ができる店の情報とかになるのかなと思います   チャリティー ウォレットの機能で稼いだTRFを自分で決めた団体へ一定数寄付ができます エスクロー&市場価格で価格を固定 エスクローとはPayPalでも採用されているサービスですが、送金者が受け取り者への入金を一定期間ブロックできるものです。ネット販売で何か物を買った場合、実際に届いたまたは発送されたことが確認できたら保留されたものが送金されるというものです その間に価格が変動した際、送金時のレートで固定されるということですね。 全体で見ると色々なことに挑戦しているプロジェクトのTravel Flexですが、ICO価格からは3分の1となっていますがビットコイン自体が大きく下がっているのでTRF自体の認知が足りないと個人的には思っています 新TRFにDAGへの実装が行われたのはつい最近ですので今後の動きが気になりますね!  
アバター by Yutaka
0Comments

先週のまとめと週末の注意

こんにちは! 先週の木曜日の深夜、ガラが来ました。33万円から23万円への暴落! いや〜無駄に買ってしまいました。 なので一部ポジション解消しながらの細かい取引を今日までしてました ビットコイン取引って現物でやるとそのメリットを大いに利用する取引ができますね。ここはFXとは大きく違う点ですね。 もし間違って買って大きく下げても実は勝てるんです! それについてはゆっくり動画で説明しようかなと思います。 今週は慎重にやりすぎてしまい1万5000円ぐらいの利益しかとれませんでした しかしCCは日本円の出金遅すぎ・・・2日かかります。 そして先月登録したKrakenという取引所、認証に時間がかかりいまだ取引できていませんね。ログインしてみると板がないので使い勝手が悪いかも・・・ 使ってる人どうやって買ってんですかね 週末の注意点 27万から27万5千円あたりでのガラ待ちでしょう。と、みせかけて一気に29万まで上昇する気配も・・・。仕手が現れなければ慎重だった取引が買いに走る可能性も。う〜ん一旦様子見ということでw
アバター by Yutaka
0Comments

ポイント還元がビットコインで!

こんにちは!儲けてますか〜 すごい値上がりと取引所間の価格差がすごいので未だかって無く安全に利益が取れる状況で連日利益利益利益! 今月から始めても全く問題ないですね。 さて最近ビットフライヤーがライフカードと提携したのかクレジットカードの支払いで得たライフカードのポイントをビットフライヤーでビットコインとの交換が可能になりました!最低交換可能が3000ポイントと少々高めの設定ですがそれでも電気代や携帯代、ネットショッピングの購入金額をライフカードにするだけでも苦労しないで貯まるのではないでしょうか 何枚かカードを持っていてちょうどライフカードを解約しようかと思っていましたがやめましたw 特にせどりとかアマゾン転売、メルカリ転売などでクレジット支払いで仕入れている人にはいいですね。 通常ポイントサイトでもらったポイントは当然ですが価格の変動はありませんが、先月もらった500円分のビットコインは今月値上がりした分上がりますからね(使わなければの話ですが)
アバター by Yutaka
0Comments

本人確認で手間取っているが4月は少額で相場に復活!

こんにちは 今週の相場は上昇上昇って感じですね。 明日まで高値で持ちこたえるか、毎回15万円台でガラ落ちしてるのでここは注意が必要です。 冷静冷静に。 住所を変更する予定などの諸事情で3月後半から前半まで相場に入れてませんでしたが、中旬から少額で入っていました。 細かいやり取りで今月は65%でしたね。といっても23800円が39800円になった程度ですが・・・月利65%で大成功としましょう!
アバター by Yutaka
1Comments

暗号通貨ビットコインについて〜送金の方法〜

ビットコインの送金方法・使い方 LINEを使っている人なら一度はやったことがある他人とのLINE交換。 ID検索したりする人もいますがQRコードを出して読み取る人もいますよね。 まさにあれです。 スマホでビットコインの交換をやり取りする場合(個人や店での支払い時)受取専用のアドレスがあります。これをスマホで表示して読み込んでもらい指定の金額を入力して送信するだけです。 現在1ビットコイン=11万円ほどですが、小数点8桁まであり各取引所の最低購入金額は0.01なので1100円ぐらいから買えます。 ビットコインを使用するとき持っていてもらいたいのはビットコインウォレットです。これはビットコインを保管するためのもので普段使う場合はこれに入れておいたほうが断然便利です。ウォレット同士の送金の場合ほぼ1秒で済みます PCでやり取りする場合は送りたい相手のアドレスにウォレットや取引所からビットコインを送るだけです。アドレスは一つ間違えて送ると絶対に戻ることはありませんのでこれは注意です!PCで送る場合はしっかり確認しましょう ウォレットサービスで有名なところはBlockchainとかCopayですね。Copayは個人的にはおすすめです。開発に関わった人に会って話を聞いたことが有り、セキュリティにはかなり自信を持っていると仰っていました。   https://copay.io/ja/
アバター by Yutaka
0Comments

暗号通貨について 基本のき

たまに暗号通貨ってなんですかと聞かれることがあるのでまずは基本について簡単に書いていきます。 暗号通貨とは一体何か まず暗号通貨とは一体何かということですが その前に「法定通貨」いわゆる米ドルだったり日本円、これは法定通貨、いわゆる普通のお金として皆さんご存知だと思います。 暗号通貨との違いとはなんでしょうか?法定通貨 これは政府あるいは中央銀行が発行し、これはお金ですと認めているもののことです。日本だと日銀が発行してこれはお金だと認めているのでお札には日本銀行券と書いてありますよね? これに対して暗号通貨 最大の特徴は政府も銀行も介在しないお金だということです 子供の時にやった人生ゲームってありますよね この中におもちゃのお金が入ってませんか? 例えばある10人でこの人生ゲームのお金を普通のお金として10人の間ではお金として流通させるという取り決めを行うとします この瞬間人生ゲームのお金はこの2人の間ではお金として流通させることができます。自分たちでそうしようって決めたからです なのでそのうちの一人がやっている美容室で髪を切ってもらったとき私は日本円か人生ゲームのおもちゃのお金でも支払うことができます。 その人生ゲームのお金が私から美容室をやっている人に移動したとき、他の方がそれを承認すると言ったイメージです。 逆に私から受け取った人生ゲームのお金をその人は他の人がやっているお店でサービスを受けたとき人生ゲームのお金で支払うことができます。私達の間ではそれはお金として取り決めをしているからです このやり取りの間に銀行は入っていませんよね。 個人間でのやりとり これが大きな特徴です 暗号通貨は個人間でのやり取り 例えば皆さんがよく使うLINE、これは本当に便利ですよね? どこにいてもLINEさえあれば連絡がとれます。しかしこれはNTTを一切介していません。携帯の会社からも請求はされていません。個人間のやりとりで大きな仕組みを変えたと思います 暗号通貨も仕組みは似ています。大きな組織を介在せず個人同士で取引ができます いつであろうと誰であろうとね ではなぜLINEがここまで普及したのでしょうか?」 それは便利だからです LINEというアプリをお互いに持っていれば海外の友達とも無料で通話ができます。ではなぜ暗号通貨が普及するのかですが、これは必要性があるからです。 暗号通貨が必要な理由 それは送金の手段です。 お金を送る手段として暗号通貨はものすごい必要性を持っています 日本人なら誰でも銀行口座を一つは持っていますよね でもそれは当然だと思わないでください 日本って銀行システムがよく発達しているので日本だけにいると気づかない点かもしれません 昼の3時までに振込手続きをすればそれが大阪だろうと沖縄だろうとその日には届きますよね? 昼の3時を過ぎていたとしても翌日には入金されますよね? 手数料は数百円ですよね これが日本人にとっては常識ですよね。ですがこれは世界の常識ではありません 銀行口座さえも持っていない人が多い国は多くありますし、国内間で送金して当日あるいは翌日に届くような国は珍しいですよ 例えばアメリカ国内でニューヨークからロサンゼルスに送金した場合、およそ3日から5日かかります 手数料は数千円。一回の振込に数千円、けっこうしんどいですよね・・・・ そんな国の人達が銀行口座はないとしてもスマホを持っている人にスマホからスマホへ送金ができて手数料はゼロに等しい値段で送れたらほしいと思いませんか? 私が韓国にいるとき年金のお金を支払うために毎月毎月日本の自分の口座に韓国から振り込みました 15000円程度送るのに手数料は4000円から5000円取られてました   しかし暗号通貨ではスマホさえあればそんな心配は必要ありません ものの一秒で送金が完了して手数料は50円程度 この送金手段の部分が暗号通貨の最大のメリットです 暗号通貨を便利にする様々なサービスが誕生 それにビットコインのvisaのデビットカードがもうすでに存在していてそこにビットコインをチャージすると海外でも店で使えるんですよ。ビットコインATMがあれば現地通貨で引き出せる。便利じゃないですか? 日本のある取引所なんかではね、ビットコインを販売したい人が登録できるようになっていて直接その人に会ってビットコインを買ったり売ったりできるサービスもあるんですよ。 今外貨の両替相場を見るとドル円は116.48です 同時にビットコイン日本円は1bitcoin 12万8290円ぐらい。 ビットコインアメリカドルは1151.30なので同じ12万8290円を銀行などでドルに両替すると1101.39で50ドルも違うんですよ。日本とは違って世界では瞬時に送れて手数料がほとんどかからない送金手段を必要とする方がとても多い、だから世界に広がっているんです   しかし暗号通貨が日本であまり広がってこなかった理由は必要性が感じられないっていうところもあるんです 日本では銀行システムが発達していますし、国際送金する機会が多いわけではありません まだまだ暗号通貨が怪しいと思われる理由 この暗号通貨が初めて誕生したのはビットコインですでに暗号通貨の基軸通貨として成立していますが、日本人にとってはまだ怪しいと思う人もいるようです。 日本で誕生したビットコインの取引所マウントゴックス社の幹部がユーザーのビットコインを横領した事件がありマウントゴックス社は破綻しました。 しかしこれはビットコインが怪しいわけではありません。 例えば、自動車メーカーは時々車両や部品の不具合でリコールを出しますが、BMWがブレーキの不具合で事故を連発したからと言ってトヨタやホンダなどの他の自動車メーカーを怪しいと思う人はいないでしょう。いやむしろやっぱりトヨタだよねとかいってトヨタの自動車を見に行くかもしれません。それは皆さんが「車」について知っているからでしょう 知らないということを怪しいと端的に決める前によく勉強してみようと思ってほしいですね。 マウントゴックスの事件はいくつもあるビットコイン取引所の経営破たんであってビットコイン自体の事件ではありません。 暗号通貨が怪しいと思われるにはまだ理由があります。 それは数えられるだけでも2000以上の暗号通貨が誕生していてその95%は詐欺と言われています。そしてそういう詐欺の暗号通貨はたいていユーザーを広めるためにマルチネットワーク商法で広めます。 要するに今買えば何年後かに倍以上の価値がついてそれを広める代理店の権利もつく。こんな具合です。 もちろん本物もありますが95%はほとんど詐欺です。しかも詐欺じゃないかは2年か3年しないとわかりません。その暗号通貨が消えれば簡単にいうと詐欺ですし残っていれば本物でしょう ビットコイン自体はPRするような媒体を持ちません。ユーザーが広まっていった中で自然と拡大してきたと言えるでしょう(それについては後で記します) そして現在も怪しいと思われている新しい理由は、ビットコインを使った様々な投資案件があるからです。 例えばライトライズという投資案件。 イギリスの高速道路に速度装置を置いている会社にビットコインで出資します。すると配当がビットコインであなたに毎日入ります こんな具合です。が、3ヶ月ほどで影も形も無くなり多くの方が損をしました。 こういった投資(というか投機)案件はまた大抵マルチネットワークのシステムを組み込みます。あなたの紹介した人がいくら出資すればあなたには何%入ります。とかね。 しかしこれもマウントゴックスの事件と同じでビットコイン自体の事件ではありません。個人間で自由にやりとりができるが上に悪用したい人にうまく利用されています。 2017年4月改正資金決済法により日本国内のビットコイン取引所の規制・監視が国により行われます。 取引所で買ったり売ったり、または誰かに送金したり都内の飲食店で使う程度ならビットコインはとても便利な決済手段です   次は暗号通貨の基軸通貨ビットコインがなぜここまで広まってきたのか。歴史なども見ながら書きたいと思います こちらの記事もおすすめです↓↓ 仮想だからなくなるんでしょ?という話
アバター by Yutaka
0Comments

各取引所が改正資金決済法の対応へ個人情報を求める

ビットコイン取引所に登録しているユーザーに下記のようなメールが各取引所から来ていると思います。 「2016年5月に可決された改正資金決済法が早ければ2017年4月に施行されることに関連し、犯罪収益移転防止法対応にて求められている口座開設時に必要なご本人様の情報を皆様から頂戴したく・・・」 Quoineの場合はアカウント凍結の恐れもありますので早めに完了しましょう Coincheckは3月1日以前のユーザーにはアンケートの回答のみでzaifの場合はアンケートの回答後はがきで本人確認されます。 これから取引所に新規登録しようとする場合は最低でも1週間はかかるので早めに取り掛かることをおすすめします
アバター by Yutaka
2Comments

ビットコイン取引所売り板買い板の見方

こんにちは! イーサリアムが昨日暴騰してビットコインを取引していた人からだいぶ流れたようです。 それはさておきビットコイン取引所の買い方売り方として板の見方を知っておいたほうが良いでしょう   上が売値(あなたではなくビットコインを持っている人が売りたい値段と数量) 下が買値(あなたではなくビットコインを買いたい人が買いたい値段と数量) 値段の単位は1BTCです。四角で囲っているところは1BTC 112150円で0.48770が買い注文として出されていることになります。 なのであなたが買いたい場合は2つの選択があります。売値で(ここだったら112206 0.41590)で買うか、新しく値段を提示するか(またはすでに買値に出ている値段と同じにするか)新しく値段を買値に提示する場合早く買いたいなら数量・値段を買値の1円多いオーダーを入れます(例 1BTC 112151円) 先日、売買の様子を動画に収めました   ICOレポートを公開しています こちらからダウンロード こちらの記事もおすすめ↓↓ 銀行要らず取引所間で日本円を移す方法 国内の銀行でUSドルの入出金はできるか? 取引の基礎から学べる私のセミナー
アバター by Yutaka
0Comments

おっ含み損が含み益に〜今週もスタート

こんにちは 先週金曜から土曜の朝の米国ETF否認で一気に落ちた相場でしたが本来の値動きに戻りつつありますね 8.3ビット先週から持っているんですがここに来てやっと! 1万円ほどの含み益がでました。しかし売りませんw 16万円台あたりで狙っていたんですが修正して15万3千円あたりで一度利確したいと思います  
アバター by Yutaka