1Comments

omisego(シンボルOMG)過去現在未来

  私が去年海外取引を始めてからすぐ目についたOMG オミセゴーって飲食の人?って思ってませんよね?w(実話) 今日は私が事あるごとにお勧めしているOMGについて独断と偏見でご紹介したいと思います OmiseGOとは何ですか? トークン情報 シンボル OMG イーサリアムベースのERC20 ICOプライス 0.23ドル ほかの方の紹介ブログでは1日でICOの販売が終わったなど記載があります。それゆえ知ってる人しか知らずに瞬く間に終わったようです 2013年にタイで設立された「Omise」という企業が母体になっており、 クレジット決済を提供している会社が暗号通貨の世界へ乗り出してきた!といった感じで この成功例は他のICOにも影響を与えており、去年の冬から今に至るまでICO選びの基準の一つとして 「すでに何かのサービスを起こしていること」 これを挙げる方は多くいらっしゃいます 東南アジアのように銀行口座を持たない人が多い国でモバイルアプリで決済や送金が安い手数料で可能になることを実現するためのプロジェクトです 今でこそこの内容のプロジェクトは真新しくはないですが、当時は怪しいと思われるぐらいだったと思います やはりそこは実績のある会社が行うこと、運営側の顔出しが多かったこと、ここは代表の長谷川さんが日本人だったことへの東南アジア諸国の信用、この辺だったのかなと個人的に思いました ここまで読んであなたも思うはず 「オミセゴー?全然しらね〜お店でゴー?ぐるなび関連とか飲食店の方ですか〜?」 「OMG?オーマイガーだね」 実際に私が言われたことですw では、ICOを大成功したOMGが取引所へ上場後どうなったか見ていきましょう ビットトレックスでのチャートです。2017年7月にビットトレックスで上場してからたった2ヶ月で10倍になりました。通常上場した初日は買いが入り大きくあげて下げます。たいていのトークンが初日にマークした高値を超えることができずに取引が行われていますがOMGに関しては初日の最高値0.00100001を1ヶ月も絶たずに超え、それを下回ったのは11月1日から12月20日までの期間のみです。それ以降は一度も下回っていません。 トレードしていて高値で掴んでしまい逃げ場を逃すという場面は多いですが、OMGの場合極端に下がっても一度買い戻しが入るなど場面場面で逃げ場があります コインチェック事件でビットコインが大きく下がった1月末から2月はじめは底値をなんとか維持し2月の終わりまでに35%ほど上昇しました。 3月1日から下落しましたが、決済系のコインは決算時に弱い傾向もあるので決算前の精算売りが入った可能性はありますね 4月1日から2月と同じように30%ほぼ上昇しています 次の壁は0.002付近ですが、今年に入って3度めのトライで0.025まで上ヒゲが2度出ているので近いうちに超えていくのかなと考えています。0.0014~0.0025のレンジが続けば6月過去最高値更新というのもあり得るかなという見込みを立てています 過去チャート見ると奇数月は下落の月が多いため5月は下落のことも考え2,3日感覚で手仕舞いするのが利口かと思います。大きな底は中旬から25日あたりでイマイチタイミングが悪かったらその辺まで待ってみます 9月12日の最高値0.00329888から4月30日現在で0.00194000となっていますが、去年12月8日の最安値0.00043132から約5倍にまで値を戻しています。 ドルベースだと約18ドルなのでICO価格から言うと約78倍上昇していることになります   ここがスゴイよ!オミセゴー! プロジェクトや活動の報告がマメ! Omise.japanのツイッター オミセゴーのTwitterより 2017年7月5日 Omiseはタイの大手オンライン決済サービスプロバイダーのPaysbuyの事業を取得 2017年8月10日 Omiseシンガポール、サービス開始 2017年8月15日 Techcrunch Disrupt in SFに代表長谷川がスピーカーとして出演 2017年8月22日 カンボジアの観光地シェムリアップで、Omiseメンバーがボランティア活動に参加 2017年8月29日 Arcadier社と業務提携を開始 2017年9月20日 日経と金融庁が共同主催で開催したイベント、FIN/SUMにビジネスデベロップマネージャーの宇野が登壇 2017年9月21日 OmiseがタイのPrime Minister Digital startup of the year awardを受賞し、総理大臣から表彰 2017年9月27日 タイのマクドナルドがOmiseのオンライン決済システムを導入 2017年9月28日 Krungsri Finnovateからの新たな資金調達 2017年10月15日 株式会社POPER様、株式会社クレディセゾン様と提携し、学習塾の授業料をクレジットカードで決済できるように 2017年10月18日 OmiseGO が"Top 100 Blockchain Organisations"の14位に選出 2017年10月24日 凸版印刷と提携し、カタログのQRコードで即時決済できる物販支援決済サービス提供が決定 2017年11月1日 タイでOmiseのラッピングカーが走り始める 2017年11月5日 幕張メッセで開催される日本最大級のIT展示会Japan IT WeekにOmiseJapan出展 2017年11月6日 チャットコマースサービス「Gibbons」をリリース 2017年11月24日 Forbes Japan: Best Startups Top 10にてOmise代表の長谷川が第8位に選ばれる 2017年12月5日 富士通アクセラレータープログラムのピッチコンテストにサポーターとして参加 2017年12月8日 グローバルブレインのイベントで共同ファンド設立について発表 2017年12月21日 日本ネット経済新聞でOmiseの決済導入事例としてBloomeLIFEが取り上げられる 2017年12月25日 クリスマスプレゼントをもらうことのできないタイの子どもたち300人に、『スター・ウォーズ』の映画チケットをプレゼント 1月31日 今年2018年のゴールはOmiseGOウォレットSDKとDEXを人々に届けることです! SDK:Software Development Kitの略称。OmiseGOネットワークに接続したデジタルウォレットの開発を容易にするキットのことを指します。 DEX:Decentralized Exchangeの略称。スマートコントラクトを利用した取引所のことを指します。 これはツイートの一部です。今年に限っていったらまだ1月31日から3ヶ月しか経ってないのにものすごい動きw(公式ツイッターアカウントを是非チェックしてください) オミセゴーのプロジェクトを否定するならタイの子供300人に映画チケットプレゼントしてから文句言って欲しいw OMGが現状確認できる範囲で可能な取引所 bitfinex coinone hitbtc binance bittrex poloniex Liqui neraex gopax coinbene kucoin koinex mercatox bancor network buyucoin coinest kyber
アバター by Yutaka
1Comments

最新 ビットトレックスの口座開設方法

去年の冬から新規ユーザーの登録を停止していたビットトレックス。国内取引所では考えられないような上げ幅を見せているコインもあり魅力的です 海外取引所に共通の流れ サインアップする時にメールアドレスとパスワードを決定します ↓ 登録メールアドレスに確認のメールが来ます ↓ メールの中のリンクをクリックして確認します これでログインができるようになります。ここまでできるとログイン後2段階認証や名前・住所・ID提出などをするとアカウントがアップグレードされ入出金の限度額があがりより使いやすくなります!   まずはビットトレックスにアクセスします https://bittrex.com/ フィッシングサイトもあるので必ずアドレスを確認して「.」や「-」が変なところに入っていないか確認しましょう。入っていたらフィッシングサイトです。正しいアドレスを確認したらお気に入りにいれます 1、「Regisiter」をクリックします メールアドレス・パスワードを入力。「I agree....」は利用規約への同意です。チェックを入れます。 登録したメールアドレスに確認メールを送ったという画面が出ます。登録したメールアドレスのメールボックスを確認しましょう メール文中にあるリンクをクリックするとメールアドレスの認証が完了します 最低限のアカウント作成はこれで完了です。2段階認証・アップグレードもついでにします「Login」してみましょう ログインすると右上に「Settings」がありますのでここから各設定をしていきます まずは2段階認証を設定 下部の「Two-Factor Authentication」をクリック スマートフォンのアプリ「google Authenticaor」で自分のアカウントに出てきたQRコードを読みます(これはサンプルです) google Authenticatorとは?確認コードを生成してくれるアプリで2段階認証ではどの取引所もこれで行います Sekurity Keyはスマホを無くした時やアプリを間違えて消してしまったときなどに使いますのでログインパスワードと同じくメモなどして大切に保管しておきましょう QRを読み込んだ後、ビットトレックスの6桁の数字が表示されるようになっています その6桁の数字を入力して利用可能にしましょう 「メールに確認メールを送った」とありますので再度メールを確認するとビットトレックスからメールが来ています メールのリンクをクリックします(24時間以内が有効期限なので忘れずにクリック) これで2段階認証は完了です ビットトレックスではこの状態だと出金ができない! 名前・住所・電話番号の登録、ID登録までしてアカウントのグレードを上げましょう 先ほどと同じようにSettingの左のメニューからMy Profileを選びます 入力フォームに名前・誕生日(月日・年)、国、住所(番地から入力する海外式)、電話番号を入力します 次はID認証です Start ID verificationをクリック IDタイプを選びます。日本語の運転免許証だと通らない人もいるので、一応パスポートで行います すると、パソコンのカメラで撮るかファイルをアップロードするかの2択になります。 どちらでも構いませんが、他の取引所やICOの購入後にも使用するので使い回しのきくようにあらかじめパスポートとセルフィー(自撮り)を撮ってパソコンに保存しておきましょう ファイルをアップロードします 1枚目はパスポートの顔写真が載っている部分を2枚めに自分の顔を撮った自撮り写真をアップします ファイルを選択したら「confirmation」がクリックできるようになりますのでアップロードがしていきます。完了するとこんな画面が表示されます 10分ぐらいで処理が完了すると書いてありますので時間が経ってID認証が完了すると これで終了です! 入力を間違えるとサポートに連絡して修正したりと結構面倒なので確実にやるようにしましょうね! 海外取引所の中でも老舗のビットトレックス扱いコインは1年2年単位で比べると10倍は上昇しているものも多いのでしっかり使いこなせるようにしたいですね
アバター by Yutaka
0Comments

ICOは早く入るからと言って特とは限らない!

ICOで早めに購入してボーナスをもらう人も多いと思います 怪しい会ったこともない人からの紹介でボーナスがもらえるという理由でICOを買う前に! この記事を読んで下さい ICOはほとんどがイーサリアムベースでイーサリアムで買う人も多いと思います ICO側も早めに購入してもらいたいのでプレセール→パブリックセールといくにつれて購入価格が上がっていきます 例:デートコイン 現在のレートで1ETH=約4705デートコインが買えます 私の場合、1月末に0.525ETHで購入し3000デートコインを得ています。トレードで得た利益をICOに回していますので日本円で購入していないのですが、通常は取引所で日本円で買ったイーサリアムを使う人が多いと思います。 同じ10万円を資金とすると1月末はイーサリアムが約13万円程度でしたので約0.76ETHが10万円で買えます。1月末の価格でこのデートコインを買うと0.76ETHで約4053デートコインを得ることができます しかし問題はここです 現在イーサリアムの価格が下落していて1ETH=4万円です。同じ10万円で2.5ETH購入できます。2.5ETHで同じデートコインを現在の価格で購入すると約12000デートコイン買えることになります!早く買った人に比べて3倍取得数が違いますね ICOは今イーサリアムを買っておいてゆっくり選んだそのICOを買っていく。それが一番のメリットを得ることができます! 「私から買えば◯%ボーナスつきます!急いで下さい」 ウソです。急ぐ必要はありません。   ICOは海外での取引所でイーサリアムに交換するとして、そのICOが取引所へ上場してたいして上がっていない、むしろ下がったとしてもイーサリアムが日本円にたいして2倍3倍になっているなら、十分利益はとれます。 極端な話、このデートコインが上場して半分になったとしましょう。 売却したら1.25ETHになってしまった。このイーサリアムをあなたは日本円にしたいのでザイフとか日本の取引所でこの1.25ETHを売ります。その時イーサリアムの価格が日本円に対して10万円に価格を戻していたらどうでしょう?125000円になります(1.25×10万円) ICOでは半分になって大損したと思ったのに2万5000円利益が出ていることになりました。 逆に高い時に買ったイーサリアムでICOに入っている人は大変なことになりますがね・・・・w この辺に気づいてやっぱり基本トレードのことは知らないとICOだけでは稼げませんよって言っています え?どうしよう?と思った方のためにセミナーを開催します! 5月13日セミナー詳細
アバター by Yutaka
0Comments

金融庁の規制は利用者保護の観点も・・・

投資の柱としてICOは今年力を入れてやってるんですけども 前にニュースで「金融庁、日本居住者はICO購入不可」と伝えるニュースがありましたね。 https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000009.000032027.html ニュースをまとめますとタイのバンコクにある会社タビットが開始したICOが金融庁から日本人に仮想通貨交換業の登録をしてないんだから販売してはだめということです   なぜTavittが金融庁から目をつけられたのか   というか、持ってるだけで増えるとかたまにそんなICOを日本人が日本人向けに販売してますよね。あれは違法じゃないのって話なんですけどw   ホワイトペーパーとか公式サイトちょっと見た限りですね   まあ確かに目をつけられやすい状態なのかなと思いました まずはこのタビットっていう公式サイトですね http://tavitt.co.jp/   横断検索型提案サービスと書いてありますので、いろんな旅行サイトを比較して格安の航空券とか旅の情報とかが出てくるようなサイトだというのはなんとなくわかります。   検索した後購入ボタンとかが見当たらないので 実際にどこで収益をあげてるのか不明です。   検索後詳細を確認するためにリンクなどをクリックするとエクスペディアに飛ぶので このリンクで契約したら収益を取ってるのかなというイメージはちょっとありますけどね     タイにある会社ですがメンバーはほとんど日本人です。 2014年からサイトを作成して今に至るということは書かれています   暗号通貨を利用し 資金調達という意味では結構まともな形だと思うんですね   タビットのICOの特徴は ・日本人向けに販売開始したということ ・Wavesのプラットフォームですでに取引可能 ・決算時に総利益の30%を保有トークン数に応じて配当が受け取れる ニュースの中で金融庁からのメールが少し引用されていますが、Wavesにすでに取引可能というところが大きくひっかかってそうです   資金決済法に外国の取引所についても触れられています (外国仮想通貨交換業者の勧誘の禁止) 第六十三条の二十二 第六十三条の二の登録を受けていない外国仮想通貨交換業者は、国内にある者に対して、第二条第七項各号に掲げる行為の勧誘をしてはならない。   第二条第七項各号とは 一 仮想通貨の売買又は他の仮想通貨との交換 二 前号に掲げる行為の媒介、取次ぎ又は代理 三 その行う前二号に掲げる行為に関して、利用者の金銭又は仮想通貨の管理をすること。   やはりすでにWavesの分散型取引所で取引可能って言う点が、日本人に対しての勧誘行為と取られたのかもしれませんね。   余談ですが、バイナンスの社長も結構日本に来てアピールしていくんですが金融庁からバイナンスへ警告メールが行ってると噂にはなってました。それもあってちょっと前からバイナンスでは日本語の表示がなくなったのかな?   資金調達の目標だった20億円もICOの中では比較的よくみる範囲の金額ですが、タイの会社にしてみたら0一個つく価値になりそうですね。旅行サイトの構築でそんな金額が必要なのかは正直疑問です。   アジア系の会社でのIPO、株式の投資詐欺も何件か話を聞いたことがあります   数あるICOの中でこのタビットが金融庁から指摘されたのにも何か裏の理由があるのかもしれませんね。   金融庁の「仮想通貨に関する情報」掲載サイトはこちら http://www.fsa.go.jp/policy/virtual_currency/index.html 詐欺かも?と思ったら相談ダイヤルがありますので相談すると良いかもしれませんね。   マネーロンダリング対策と利用者保護、この2点につきます。 アジアのどこかの銀行に送金すると節税できる(というかマネロン)というネットワークビジネスのセミナーがあるとか? 関わってる人は厳しく対処されることは肝に銘じたほうが良いでしょう
アバター by Yutaka
0Comments

ビビっているものと待たれているもの

少し長くなりますのでブログとして書いておきます 2018年は暗号通貨はかなりメジャーになるか? 確かにそう思います。が、それと同時にアンダーグラウンドな方向に向かっていくかと考えています。 まっそのことはおいおい。もうすでにはじめている皆さんには関係のない話ですので。 去年からビットコインは危ないと言われていました。一般人レベルの人が言うのはほっといて億万長者がなぜビットコインは危ない、破綻すると言うのか それは簡単です 「大規模ハッキング」 つまりこれです。以前サーバーを自分で運営している知り合いにハッキングについて警告を受けました。現状ハッキングに必要な計算能力が遅かったと、しかしAmazonがサーバーのクラウドサービスを始めていたりVRに使うためのGPUが開発されていて銀行などのサーバーをハッキングするのに昔は3ヶ月かかるのが普通だった。最新のパソコンを使えば3日でやろうと思えばできるとのことでした。 ビットコインのブロックチェーンは素因数分解による公開鍵と秘密鍵という計算式で成り立っていて公開鍵をいち早く解いたパソコンがマイニングの権利を得ます。公開鍵っていうのを解いてマイニングの権利を得た人だけに秘密鍵が渡されそれをさらに解くことで取引の中身が見れるようになっています ざっくりと説明すると取引履歴にアクセスしてブロックチェーンを書き換えるためにはスーパーコンピューターの計算処理能力を使っても何百年もかかるそうです。なのでハッカーは取引所やウォレットなどやりやすいところをツイてビットコインを奪いました。 が、早ければ今年または来年にビットコインのブロックチェーンそのものを狙ったハッキングが起こる可能性があるかもしれません。それは量子コンピューターの出現です。 スーパーコンピューターの計算処理能力より1億倍も向上するそうです。 これを悪用されたらどこのサーバーも太刀打ちできないと言われています。(対策しているなら別ですが) 暗号通貨関連の人は量子コンピューターっていうのが一時的にビットコインや他暗号通貨をダウンさせる存在だと思っている人もポロポロ出てきています。というか、取引所、ICO関係者も当然気づいているのでどんな対策をこれからしていくのかは公な発表はしないと思いますがリアルに会えた時にこそっと聞いてみたいと思います。 つまり世界中のハッカーが待ち望んでいるのは量子コンピューターでもあります。 これ、本当に最悪な状況を起こすと思っています。 大規模ハッキング(世界中の銀行口座、暗号通貨)→資金調達→武器調達→戦争? 日本発!『究極の量子コンピューター』の新原理を開発 今年はまだ大丈夫かもしれませんが来年までには少しづつハードウォレットに資産としてもっている暗号通貨は置いておくのがベターです
アバター by Yutaka
0Comments

あのガクトさんの関わるICOがついに公開

こんにちは! 先月から話は聞いていたICO案件でしたが、 芸能人で投資家・事業家でもあるガクトさんの関わるICO案件 スピンドルがいよいよ公開されています https://spindle.zone/jp/ このICOに参加するしないは別として 有名な方がこぞって参入してきているのに大きな意味があると思います。 暗号通貨を変える未来について記事を書いてくれています https://ameblo.jp/gackt/entry-12339477430.html 1月14日もおかげさまで残席わずか 参加お待ちしています https://goo.gl/zpQBEs ICOレポートを公開しています こちらからダウンロード
アバター by Yutaka
0Comments

気になっていたバイナンスを開設してみた

こんにちは! 海外取引所を開設したいけど英語が・・・ っていうあなたに、海外取引所バイナンスの開設方法を記した動画を撮りました。 バイナンスは今年7月にオープンして一気に世界で第5位の取引高を誇ります。 日本のユーザーも激増しており、必要な人は早めに登録することをおすすめします 結構面白い仕掛けもありそうなので、随時報告します! https://youtu.be/qOrfIbo8nQs おすすめ記事↓↓ 騙される経営者
アバター by Yutaka
1Comments

Zaif取扱いのJPYZが5000倍?!

まずは皆さんにこのキャプチャを見ていただきたい 11月10日に1円から5000円になっているトークンがZaifにあることに気づきました。 なんじゃこりゃ〜 このトークンのシンボルJPYZ(取引所などで使用される時のコードのようなもの。ビットコインだったらBTC、リップルだったらXRPなど) トークンの名前はZENと言います。 ブロックチェーン推進協会が日本円に対して為替が安定して運用される一つのデジタルトークンとして実証実験のために発行しています。 4月から9月までは協会会員内のみで試行し11月2日からZaifで取引所に取り扱われているようです。そんな通知Zaifからは来なかったような・・・ ZENのプレスリリース 日本円との為替安定のためにとかいって10日に最高値5000円まで上昇しているのが不思議 5000倍!怪しい怪しすぎる・・・ 他の日には板を見ると売値に約1億6千万分、買値に約7億円分ぐらい入っています。ここまでの金額が入っているとさすがに取引素人の人でも価格が動きにくいのが分かるはず。 海外取引所ビットトレックスとか見ても新規に取り扱われる暗号通貨の初日の取引金額は半端なく跳ねてます。これは何か?と自分なりに考えてみたのですが、あくまでも推測です。 「取引所が絡んでいる!」 普通に考えて取引所と暗号通貨発行者とはこんなやりとりがある?? 発行者「うちの暗号通貨扱えるようにしてくんない?」 取引所「いいよ。いくらくれるの?」 発行者「う〜ん、発行した暗号通貨でもいい?」 取引所「え〜じゃあ取扱初日に買い込んでくれる?もらった分売るから」 そう、気づく人は気づくはず。これが本当に行われていたらインサイダー!!w でもそれを規制する法律がないから合法でも違法でもないという。 JPYZに関しても同じことが行われてるんでしょうね。通常の売買板の金額を見ても10日っていう日だけ5000円になってるのは明らかにおかしく、相場が取引所・関係者によって操作されているのは誰でも分かるでしょう。私が言いたいのはそれが良い悪いではありません。 じゃあどうすれば利益がとれるか? とりあえず2万円分購入し、10倍の10円で半分の売り注文を出し、1000円のアラートを登録。 以上!
アバター by Yutaka
0Comments

segwit2Xが延期!アルトコインの値段上昇中〜

めっきり寒くなりましたので今日は銭湯のサウナでゆっくり身体を暖めてきました segwit2Xが8日夜延期の声明がありビットフライヤーなどの取引所からもメールが来てましたね。 そろそろ深く調べようと思っていたところにこのニュースはうれしいですね 後の相場は比較的簡単な展開が予想されます。 それはさておき、最近ビットトレックスで売買を始めました。 私のポートフォリオは現在こんな感じです 頑張れドージコイン!オーロラコイン!といった感じでしょうか。 最近シグナル配信しているような人たちの情報には目もくれず自分の観点でアルトコインは選択しています。ザイフトークンやぺぺキャッシュのおかげで時価総額も30%強上がりましたね。 あとはモナーコインの復活といきたい所ですがちょっと時間がかかりそうな気配も・・・。 最近比較的評判のよさげな自動ツールの検証も始めたので徐々に投資環境が整いつつあります 今年中にマイニング環境を整えられたらコイナー投資家がやっていること全てを自分でやることになります。 取引も毎月安定的に月利15%以上は出せていますし資金管理もだいぶうまくなってきました まだまだ成長することはいくらでもあります! 良い年越しを過ごせるようにがんばりますね〜
アバター by Yutaka