3月の18日から24日の間タイのバンコクへ久々行ってきました!

今回の目的はパンガン島で毎月満月の日に行われるフルムーンパーティーです!

フルムーンパーティーとは?

パンガン島のハードリンビーチで夜通し行われる野外レイブみたいなものです

もっと簡単に言うと、ビーチで音楽ガンガン鳴らして騒ぐだけ!w

場所は?気になる行き方から参加方法、楽しみ方まで!

パンガン島はタイのサムイ島の近くにある島です

バンコクから直接行く方法はなく主にメジャーな方法として2つ

1 バンコクからサムイ島まで飛行機で行きフェリーでパンガン島へ

2 バンコクからスラートターニ空港へ飛行機で、その後バスでフェリー乗り場へ行きフェリーでパンガン島へ

1のサムイ島経由は一番近いですが、サムイ島の空港はタイ国際航空の持ち物らしくバンコクからサムイ島までの飛行機は結構高いです。5,6万円します

今回私は2の方法を取りました。バンコクからスラートターニまではLCCも結構多く航空券は1万円程度でした。スラートターニ空港からフェリー乗り場まではバスで2時間半程度。パンガン島までのフェリーは2時間半

パンガン島行きのフェリーは最終が夕方ぐらいでしたので朝の飛行機にしました

飛行機や乗り継ぎなども入れて6時間程度でした。バンコクのホテルを出発したのが7時ごろでパンガン島についたのは17時でしたのでバンコク市内からだと10時間はかかっていました
スラートターニー空港からRaja ferry port Donsak(ドンサック港)までバスまたはバンで2時間半
ドンサック港からパンガン島のThong Sala Pier(トンサラピア)まで2時間半
言葉や時間に余裕がある人は、スラートターニー空港のカウンターでバスとフェリーのセットになったチケットを購入できます。往復で500バーツぐらい(約1750円)とのことです
私はちょっと旅慣れない友達もいたので、バンコクのドンムアン空港で飛行機に乗る前に空港内のツアー会社で往復チケットを買いました。それが1500バーツ(約5250円) 着いてから両替しようと思っていてバーツをあまり持っていなかったのでクレジットカードで決済しました

国内線のLCCは預け荷物が有料で、一泊の予定でしたのでバンコクのホテルの宿泊を入れたままにして大きなスーツケースはバンコクのホテルに置いて身軽にしていきました

バンコクのホテルは2千円程度でしたので友達と割り勘しても千円ですからわざわざ使わないスーツケースを持って行って高い預け荷物料を払うのはもったいないですね

フルムーンパーティーは夜の21時ごろから人が増え始めると聞いたのでそれまでゆっくりすることにしました

ビーチから見る夕日がとてもきれいです。ビーチ沿いでは子供たちが犬と遊ぶ姿もなんか癒されます

私たちのホテルはフェリー乗り場から近いところなのですが、近くにお店が多く夜もにぎわっていました

タイは左通行なのでレンタルバイクも考えてもいいかもしれません。
借りようとして聞いてみたら1日では貸してくれないみたいです
断られたのでやめました

タイはほとんどがヤマハのスクーターが走っています。レンタルバイクの中にはホンダの本格オフロードバイクXRが!島でXRなんてかっこいいですね。まっ私はこのタイプは足が短いので日本でも諦めましたがw(私の初代バイクはヤマハのセロー)

レンタルバイクはどこで借りても1日250バーツで車は1000バーツからありました。

欧米人が多いためかピザ屋も何軒かありました。ちょうど私たちもタイの料理にちょっとあきてきていたので入ってみましたが美味しかったです。値段も少し高いぐらいでしたが、量が結構ありました

日帰りでフルムーンパーティーで朝まで遊んでそのままバンコクに戻る人もいるようですが、一泊か二泊してゆっくりするのもおすすめです

夜の22時ごろ店の多い通りに出ると相乗りタクシーが「フルムーンパーティー!」と叫んでいるのでその相乗りたくしーに乗って会場のハードリンビーチへ向かいます!(40分程度)タクシー代は一人で乗ると150バーツですが、二人で一人100バーツでした

3人以上でもう少し安くなります

行くときに気づいたのですがこの島、たぶん信号ほとんどないです。ビーチまでの40分の間信号は見ませんでした

会場の入り口につくと蛍光ペンキで腕や顔に塗ってくれる人やブラックライトで光る帽子などが売っているお店が建ち並びます

少し歩くとビーチの入り口で50バーツ払うと入場の証としてバンドがもらえます

さぁ あとは楽しむだけ!

およそ30メートル間隔でそれぞれDJが音楽をガンガンかけてお酒を飲んだり踊ったりして、個々それぞれが好き勝手楽しみます

ビーチ真ん中には縄に火をつけて縄跳びをしたり、木の棒に火をつけてリンボーダンスが始まっていました。これは誰でもできます

なんかハッピを着た日本の若い人達がやっていたので私は眺めていましたw

帰りもビーチからお店が多く並んでいるところまで出ると相乗りタクシーの呼び込みがいます。

〇〇行きーと叫んでいるので、ざっくりと各地区のメイン通りに戻るみたいです


3時ごろ戻って、メインの市場でタイラーメン食ってビールで熟睡しました

はぁー楽しかった。

次の日はゆっくり起きてお土産屋を見ながらぶらぶらしたり、タイではお決まりのスムージーを飲んで夜にバンコクに戻りました
欧米人が多く、アジア系観光客は少なかったですがビーチもきれいで両替できるところも多く意外と広い島でした

パンガン島フルムーンパーティー公式(英語)

フルムーンパーティーに行くにあたって参考にしたブログ(日本語)

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください