ICOはほとんどがイーサリアムベースです。今日はマイイーサウォレットの作り方を紹介します


まずはこちらにアクセス↓パソコンからやってくださいね。スマホアプリはありません。
https://www.myetherwallet.com/

初回アクセス時に注意文などが出ますので読みましょう
「自分でしっかり管理してね」の旨が出ます。上の言語を日本語に変更すると日本語でもできますが、訳が微妙におかしいので今回は英語の画面を使っています


パスワードを決めて入力します。複雑なものにして忘れないようにしましょう
そうすると次の画面でKeystoreファイルをダウンロードして、下の赤いボタンをクリックします

ダウンロードしたファイルは「UTC~」で始まるファイルです。これはウォレットを開く時にIDと同じような扱いで使います。


 

次の画面でプライベートキーが表示されます。一時的にメモ帳などにコピペして置きましょう。プライベートキー一つだけでウォレットの中身が見れて不正に送金もされてしまうのでこれは絶対他人に教えないでください。なんとかして聞き出そうとする詐欺メールが来ることもありますが無視しましょう。この情報を印刷します。


これを紙で印刷して保管しておきます。これにもプライベートキーが載ってますので他人に見られないような場所に保管しておきます。もしパソコンが壊れてもこれがあれば安心です。

 

一応私はPDFに保存したものをUSBで保管しています


ここまでやってもイーサリアムの受取アドレスは出てきていませんが、次の画面でアンロックして開きます。いくつか方法がありますが先ほどダウンロードしたUTCファイルで開くには「Keystore/ Json file」を選びます


ファイルを選択をクリックすると選択画面になるのでUTCファイルを選択します。一番初めに自分に設定したパスワードを空欄にいれて「Unlock」をクリックします。


そうすると、ここでやっとマイイーサウォレットの受取アドレスが表示されました。
ここに表示されているのがあなた自身のアドレスです。(画像のアドレスはもちろん私のアドレスです)


ICOの購入でイーサリアムを送りたい時、ウォレットの残高を見たい時も上のメニューから選び、作成時にウォレットを開いたのと同じようにUTCファイルを選択してパスワードを入力してOKです

いかがでしたでしょうか?

フィッシングサイトも結構多いのでマイイーサウォレットのアドレスはお気に入りにいれてください。

イーサリアム以外にもイーサリアムベースの各トークンがこのアドレス一つで受取できるのは本当に便利です。ぜひ使いこなしてください。セキュリティを高めるGoogleChromeの拡張機能などもありますので時間を見て書きたいと思います

シェアお願いします(^o^)

    7 replies to "ICOには必須!MEW(マイイーサウォレット)を作ろう"

Leave a Reply to MEW(マイイーサウォレット)にカスタムトークンを追加しよう! | Bitcoiner Yutaka Cancel Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください