2Comments

国内の銀行でUSドルで入出金、振込ができるのか?

知り合いの投資家がUSドルで保有している資産があり銀行だと高いので毎回他の知り合いに頼み日本円にしているという話を聞いて そう言えば、QuoineでUSドル入金するとき静岡銀行の口座がでてたなと思いだしたので静岡銀行にUSドルでの入金、出金、振込は可能か?ということについて Yahoo知恵袋で似たような質問をしている人がいて手数料は1円50銭と書いてあったので本当か 静岡銀行に直接問い合わせてみました かなり色々回されたあげくの答え 支店の口座を開設した場合、窓口でのみ入金・出金・振込は受付ており手数料は1円50銭だが最低手数料が500円かかるとのこと。そして他に事務手数料として1000円かかるそうです。 ネットバンキングは不可。 う〜ん、事務手数料1000円は無理ですね・・・ まだまだハードルが高いな〜 と、言うことで今のところの私の結論は・・・ USドルは現物でタンスにしまったほうがいい ビットコインを介す場合、現地の取引所、現地の銀行口座を持っていないと難しいかも(または家族にビットコインを送金してUSドルに換えてもらい口座にいれもらう) 単純に海外で使う場合事前に用意したいと思っただけなのだが少額は空港の両替所で換金してあとはビットコインATMなどで換金。これがいいかも。 このグローバルな時代に日本の銀行は外貨の扱いに関しては超不便かも しかしまだ調べる考慮あり Zaifのように個人でビットコインの両替を扱うコミュニティが将来できるかも(もうある?)
アバター by Yutaka
0Comments

暗号通貨の基本〜マイニングとは〜

マイニングとは ビットコインは個人間の取引であることが最大の特徴です。 政府も銀行も介在しません。 そのため、個人間の取引を第三者が承認するというシステムを組んでいます。 その承認した人には新規に発行されたビットコインで報酬が支払われます。これをマイニングと言います。 例えば以前のブログで例に挙げた人生ゲームのお金、これが私からあなたに移ったことを承認した人には一万円あげるとします。みんながこぞって承認しようとするでしょうね。 承認者は一人でいいので代わりにクイズのような暗号を早く解いた人が承認できるとします ビットコインも同じような方式です。マイニングを事業としている会社はスーパーコンピュータを何台も置いてこれに取り組んでいます。 マイニングで無限に生み出されるのか? ビットコインの発行総量は2100万枚と事前にに決められていてマイニングによって発行される量も調整されています。現在は2016年から12.5BTC(10分毎・1ブロック)に半減されました。これは4年に一度半減されていきます。それはシステムで減るようになっていて、2100万枚の発行が終わるのは2140年ごろと予想されています マイニングはほとんどが電力の安い中国で行われていますのでビットコインの所有者はマイニングの事業者と富裕層併せて八割が中国人とも言われています。 まだビットコインが普及し始めの時はホームマイニングと言って自宅のパソコンにCPUのチップを設置して自宅でやって稼いでいた人もいたとか。 最近は寒い国のマイニング会社に出資するような形で権利を買いマイニングさせる投資案件もちらほら見かけます。それが本物かどうかは私には分かりませんが、長続きはしないと個人的には思っています。それは後で書こうと思っているビットコインが抱える問題にも関係しています
アバター by Yutaka
1Comments

暗号通貨ビットコインについて〜送金の方法〜

ビットコインの送金方法・使い方 LINEを使っている人なら一度はやったことがある他人とのLINE交換。 ID検索したりする人もいますがQRコードを出して読み取る人もいますよね。 まさにあれです。 スマホでビットコインの交換をやり取りする場合(個人や店での支払い時)受取専用のアドレスがあります。これをスマホで表示して読み込んでもらい指定の金額を入力して送信するだけです。 現在1ビットコイン=11万円ほどですが、小数点8桁まであり各取引所の最低購入金額は0.01なので1100円ぐらいから買えます。 ビットコインを使用するとき持っていてもらいたいのはビットコインウォレットです。これはビットコインを保管するためのもので普段使う場合はこれに入れておいたほうが断然便利です。ウォレット同士の送金の場合ほぼ1秒で済みます PCでやり取りする場合は送りたい相手のアドレスにウォレットや取引所からビットコインを送るだけです。アドレスは一つ間違えて送ると絶対に戻ることはありませんのでこれは注意です!PCで送る場合はしっかり確認しましょう ウォレットサービスで有名なところはBlockchainとかCopayですね。Copayは個人的にはおすすめです。開発に関わった人に会って話を聞いたことが有り、セキュリティにはかなり自信を持っていると仰っていました。   https://copay.io/ja/
アバター by Yutaka
0Comments

暗号通貨基本〜ビットコインが広まってきた経緯〜

前回数えられるだけでも2000以上の暗号通貨があると書きました。 その代表格、基軸通貨と言っても良いのがビットコインです なぜビットコインが基軸通貨なのか それは最初に生まれて普及した暗号通貨だからです ビットコインの誕生 2008年「ナカモト サトシ」と名乗る人がインターネット上にビットコインについての論文を公表しました この人が日本人なのか誰なのかはわかりません この論文が世界中のプログラマーやハッカー達の目に止まり、改良されていきます なので当初はプログラマー達のみで通じるものだったそうです。 しかし2011年ある事件がきっかけで普及します 違法サイト「シルクロード」が決済手段としてビットコインを使用するんです。シルクロードは闇の犯罪組織と思ってください。 銀行を介さないで瞬時に送金ができるんですから願ってもないですよね しかしこの組織は摘発されました。この摘発されたことがアメリカでニュースになったんです アメリカの人はどう思ったかというと「なんて便利なものがあるんだ」と思ったんだそうです。前回書きましたがアメリカ国内で送金すると3日から5日かかって手数料は数千円かかります。そりゃあ便利に感じますよね。 2011年2月に1ドルだったビットコインの価値は8月に31ドルまで上昇します。 国を介在しないため危ない国の人にとっては助かる資産の回避先へ 認知度があがり普及率があがるとさらに2013年3月のキプロスショックでビットコインの購入者が増え価値が200ドルまで一気に上がりました。 なんででしょうか?法定通貨ってのは政府ないし国の中央銀行が発行しているものですよね その政府がつぶれるとその国の発行している紙幣は紙くず同然になってしまうんです。 ちょうどこの時期のジンバブエのスーパーインフラがいい例ではないでしょうか 他にもギリシャ・ポルトガルなど危ないって言われている国はいくつかありますよね。 政府が潰れても自分の資産がゴミにならない紙幣があったら持ちたいと思うのが当然です。そうやって認知度をあげていきながら2013年11月には一気に1200ドルまで上昇します これは中国マネーが原因です。中国の富裕層がビットコインの存在を知ったんです。中国は規制が激しい国なので多額の元をドルとかユーロに替えるのが簡単じゃないんです。 でもここで元でビットコインを買ってドルにすれば簡単だってことに気づいたんですね 中国の富裕層がビットコインを爆買いして一気に伸びましたが一気に落ちました。これは中国政府が金融機関が事業としてビットコインを扱うことを禁止したんです。(個人間は合法) もうこのあとは定着した動きを国内でも見せました。日本でも初のATMが誕生したりパソコンのDELLがビットコインでの支払いを開始したりペイパルがビットコイン決済に対応したりビットコインATMが世界で260台超えたのが2014年です。 現在までに大手の企業がビットコインに参入しています。楽天、マイクロソフト、Denaなどなど。 東京三菱UFJ銀行にいたっては独自の暗号通貨を発行すると発表しています 今後さらに参入する企業、サービスは増えていくでしょう。 ただ、犯罪組織の決済方法やマネーロンダリングの一部の方法として使用されていた経緯もあって怪しいと思う人もいるでしょう。 実際に海外に良く行く人なら税金を払わなくても良い方法はあるのですが(というか法律が追いついてません)今後日本でも監視されるようになるのでそういうことはやろうと思わないほうがいいでしょう   ビットコインはどうやって送金されるのでしょうか? 送金方法など使い方については次回書きたいと思います    
アバター by Yutaka
0Comments

暗号通貨について 基本のき

たまに暗号通貨ってなんですかと聞かれることがあるのでまずは基本について簡単に書いていきます。 暗号通貨とは一体何か まず暗号通貨とは一体何かということですが その前に「法定通貨」いわゆる米ドルだったり日本円、これは法定通貨、いわゆる普通のお金として皆さんご存知だと思います。 暗号通貨との違いとはなんでしょうか?法定通貨 これは政府あるいは中央銀行が発行し、これはお金ですと認めているもののことです。日本だと日銀が発行してこれはお金だと認めているのでお札には日本銀行券と書いてありますよね? これに対して暗号通貨 最大の特徴は政府も銀行も介在しないお金だということです 子供の時にやった人生ゲームってありますよね この中におもちゃのお金が入ってませんか? 例えばある10人でこの人生ゲームのお金を普通のお金として10人の間ではお金として流通させるという取り決めを行うとします この瞬間人生ゲームのお金はこの2人の間ではお金として流通させることができます。自分たちでそうしようって決めたからです なのでそのうちの一人がやっている美容室で髪を切ってもらったとき私は日本円か人生ゲームのおもちゃのお金でも支払うことができます。 その人生ゲームのお金が私から美容室をやっている人に移動したとき、他の方がそれを承認すると言ったイメージです。 逆に私から受け取った人生ゲームのお金をその人は他の人がやっているお店でサービスを受けたとき人生ゲームのお金で支払うことができます。私達の間ではそれはお金として取り決めをしているからです このやり取りの間に銀行は入っていませんよね。 個人間でのやりとり これが大きな特徴です 暗号通貨は個人間でのやり取り 例えば皆さんがよく使うLINE、これは本当に便利ですよね? どこにいてもLINEさえあれば連絡がとれます。しかしこれはNTTを一切介していません。携帯の会社からも請求はされていません。個人間のやりとりで大きな仕組みを変えたと思います 暗号通貨も仕組みは似ています。大きな組織を介在せず個人同士で取引ができます いつであろうと誰であろうとね ではなぜLINEがここまで普及したのでしょうか?」 それは便利だからです LINEというアプリをお互いに持っていれば海外の友達とも無料で通話ができます。ではなぜ暗号通貨が普及するのかですが、これは必要性があるからです。 暗号通貨が必要な理由 それは送金の手段です。 お金を送る手段として暗号通貨はものすごい必要性を持っています 日本人なら誰でも銀行口座を一つは持っていますよね でもそれは当然だと思わないでください 日本って銀行システムがよく発達しているので日本だけにいると気づかない点かもしれません 昼の3時までに振込手続きをすればそれが大阪だろうと沖縄だろうとその日には届きますよね? 昼の3時を過ぎていたとしても翌日には入金されますよね? 手数料は数百円ですよね これが日本人にとっては常識ですよね。ですがこれは世界の常識ではありません 銀行口座さえも持っていない人が多い国は多くありますし、国内間で送金して当日あるいは翌日に届くような国は珍しいですよ 例えばアメリカ国内でニューヨークからロサンゼルスに送金した場合、およそ3日から5日かかります 手数料は数千円。一回の振込に数千円、けっこうしんどいですよね・・・・ そんな国の人達が銀行口座はないとしてもスマホを持っている人にスマホからスマホへ送金ができて手数料はゼロに等しい値段で送れたらほしいと思いませんか? 私が韓国にいるとき年金のお金を支払うために毎月毎月日本の自分の口座に韓国から振り込みました 15000円程度送るのに手数料は4000円から5000円取られてました   しかし暗号通貨ではスマホさえあればそんな心配は必要ありません ものの一秒で送金が完了して手数料は50円程度 この送金手段の部分が暗号通貨の最大のメリットです 暗号通貨を便利にする様々なサービスが誕生 それにビットコインのvisaのデビットカードがもうすでに存在していてそこにビットコインをチャージすると海外でも店で使えるんですよ。ビットコインATMがあれば現地通貨で引き出せる。便利じゃないですか? 日本のある取引所なんかではね、ビットコインを販売したい人が登録できるようになっていて直接その人に会ってビットコインを買ったり売ったりできるサービスもあるんですよ。 今外貨の両替相場を見るとドル円は116.48です 同時にビットコイン日本円は1bitcoin 12万8290円ぐらい。 ビットコインアメリカドルは1151.30なので同じ12万8290円を銀行などでドルに両替すると1101.39で50ドルも違うんですよ。日本とは違って世界では瞬時に送れて手数料がほとんどかからない送金手段を必要とする方がとても多い、だから世界に広がっているんです   しかし暗号通貨が日本であまり広がってこなかった理由は必要性が感じられないっていうところもあるんです 日本では銀行システムが発達していますし、国際送金する機会が多いわけではありません まだまだ暗号通貨が怪しいと思われる理由 この暗号通貨が初めて誕生したのはビットコインですでに暗号通貨の基軸通貨として成立していますが、日本人にとってはまだ怪しいと思う人もいるようです。 日本で誕生したビットコインの取引所マウントゴックス社の幹部がユーザーのビットコインを横領した事件がありマウントゴックス社は破綻しました。 しかしこれはビットコインが怪しいわけではありません。 例えば、自動車メーカーは時々車両や部品の不具合でリコールを出しますが、BMWがブレーキの不具合で事故を連発したからと言ってトヨタやホンダなどの他の自動車メーカーを怪しいと思う人はいないでしょう。いやむしろやっぱりトヨタだよねとかいってトヨタの自動車を見に行くかもしれません。それは皆さんが「車」について知っているからでしょう 知らないということを怪しいと端的に決める前によく勉強してみようと思ってほしいですね。 マウントゴックスの事件はいくつもあるビットコイン取引所の経営破たんであってビットコイン自体の事件ではありません。 暗号通貨が怪しいと思われるにはまだ理由があります。 それは数えられるだけでも2000以上の暗号通貨が誕生していてその95%は詐欺と言われています。そしてそういう詐欺の暗号通貨はたいていユーザーを広めるためにマルチネットワーク商法で広めます。 要するに今買えば何年後かに倍以上の価値がついてそれを広める代理店の権利もつく。こんな具合です。 もちろん本物もありますが95%はほとんど詐欺です。しかも詐欺じゃないかは2年か3年しないとわかりません。その暗号通貨が消えれば簡単にいうと詐欺ですし残っていれば本物でしょう ビットコイン自体はPRするような媒体を持ちません。ユーザーが広まっていった中で自然と拡大してきたと言えるでしょう(それについては後で記します) そして現在も怪しいと思われている新しい理由は、ビットコインを使った様々な投資案件があるからです。 例えばライトライズという投資案件。 イギリスの高速道路に速度装置を置いている会社にビットコインで出資します。すると配当がビットコインであなたに毎日入ります こんな具合です。が、3ヶ月ほどで影も形も無くなり多くの方が損をしました。 こういった投資(というか投機)案件はまた大抵マルチネットワークのシステムを組み込みます。あなたの紹介した人がいくら出資すればあなたには何%入ります。とかね。 しかしこれもマウントゴックスの事件と同じでビットコイン自体の事件ではありません。個人間で自由にやりとりができるが上に悪用したい人にうまく利用されています。 2017年4月改正資金決済法により日本国内のビットコイン取引所の規制・監視が国により行われます。 取引所で買ったり売ったり、または誰かに送金したり都内の飲食店で使う程度ならビットコインはとても便利な決済手段です   次は暗号通貨の基軸通貨ビットコインがなぜここまで広まってきたのか。歴史なども見ながら書きたいと思います こちらの記事もおすすめです↓↓ 仮想だからなくなるんでしょ?という話
アバター by Yutaka
0Comments

各取引所が改正資金決済法の対応へ個人情報を求める

ビットコイン取引所に登録しているユーザーに下記のようなメールが各取引所から来ていると思います。 「2016年5月に可決された改正資金決済法が早ければ2017年4月に施行されることに関連し、犯罪収益移転防止法対応にて求められている口座開設時に必要なご本人様の情報を皆様から頂戴したく・・・」 Quoineの場合はアカウント凍結の恐れもありますので早めに完了しましょう Coincheckは3月1日以前のユーザーにはアンケートの回答のみでzaifの場合はアンケートの回答後はがきで本人確認されます。 これから取引所に新規登録しようとする場合は最低でも1週間はかかるので早めに取り掛かることをおすすめします
アバター by Yutaka
2Comments

ビットコイン取引所売り板買い板の見方

こんにちは! イーサリアムが昨日暴騰してビットコインを取引していた人からだいぶ流れたようです。 それはさておきビットコイン取引所の買い方売り方として板の見方を知っておいたほうが良いでしょう   上が売値(あなたではなくビットコインを持っている人が売りたい値段と数量) 下が買値(あなたではなくビットコインを買いたい人が買いたい値段と数量) 値段の単位は1BTCです。四角で囲っているところは1BTC 112150円で0.48770が買い注文として出されていることになります。 なのであなたが買いたい場合は2つの選択があります。売値で(ここだったら112206 0.41590)で買うか、新しく値段を提示するか(またはすでに買値に出ている値段と同じにするか)新しく値段を買値に提示する場合早く買いたいなら数量・値段を買値の1円多いオーダーを入れます(例 1BTC 112151円) 先日、売買の様子を動画に収めました   ICOレポートを公開しています こちらからダウンロード こちらの記事もおすすめ↓↓ 銀行要らず取引所間で日本円を移す方法 国内の銀行でUSドルの入出金はできるか? 取引の基礎から学べる私のセミナー
アバター by Yutaka
0Comments

おっ含み損が含み益に〜今週もスタート

こんにちは 先週金曜から土曜の朝の米国ETF否認で一気に落ちた相場でしたが本来の値動きに戻りつつありますね 8.3ビット先週から持っているんですがここに来てやっと! 1万円ほどの含み益がでました。しかし売りませんw 16万円台あたりで狙っていたんですが修正して15万3千円あたりで一度利確したいと思います  
アバター by Yutaka
0Comments

ガラからの高飛び?14万円突入するか?〜今週のビットコイン

こんばんは! 昨晩突然のガラ!(ナイアガラの滝のように相場が下落すること) 現在は139000円台に戻っています。 底値で取れてるならいいんですが今週はど〜んと下がってすぐ戻るの繰り返しですね(^_^;) 保有ビットコインはとりあえず値が戻るまでQuioneで貸す出すことにしました 2週間ぐらいは様子見と・・・。 もっぱらの関心は10日夜から13日までのアメリカETFがどうなるかではないでしょうか? 否決されたらどうなるか・・・大半の大金持ちはビットコインを認めていないので否決よりも延期がいいかな笑
アバター by Yutaka
0Comments

改正資金決済法に関連してQuioneからメールが

こんばんは 改正資金決済法が今年4月施行されるにあたってQuioneから個人情報を求める内容のメールが来ていました 取引している方は15日までに返信するようにとのことです しかし「改正資金決済法」ってざっくり言うとビットコインなどの仮想通貨を扱う取引所は登録制でユーザーの取引内容は保管してねっていうことらしいです 規制というよりは管理する意味合いが強いのかなと。 税金などに関しては資産として扱われるとしていますが、実際問題取引所で購入したビットコインをウォレットに移したらそのビットコインはどうなるのでしょうか?海外で使用した場合は? ビットコイン自体ハッキングされて無くなる可能性もありそういう場合はどうなるのかなど今後も改正点が税金のところでは出てきそうですね  
アバター by Yutaka