投資の商品を買うときに、必ず「投資は自己責任で」という言葉が入ってると思います。
僕の経験上なんですが、誰かが良いと言ってるだけで投資に入るとたいてい失敗します。
「あれは儲かる」「あれは買っておいた方がいい」
もしそこで興味があるなら必ず自分で投資するに値するか調べるべきです
もし面倒で調べないなら捨ててもいい金額で買うべきです。
最も危ない人は全ての貯金をはたいて、消費者金融に借りてまでして自分で調べてない商品を買おうとするのは不思議です。そりゃ負けますって。そして最もやってはいけないことは、自分が投資したのに勧めた人のせいにする人がいます
ゼロから調べていくのを積み重ねると、自分の中で基準というものができてきます
本で調べるか、ネットで探すか、詳しい知人に聞くか。
どんなに詳しい知人に聞いても結局決められるのはあなただけです
「あの人が言ってるから大丈夫だ」
これが一番危険です。
と、その逆に「あの人が言ってないからやらない」というのも同じぐらい愚かな考えです
世界的に有名な投資家ウォーレンバフェットは、IT系の株を買わないので有名ですが、それはなぜか?
「彼が知らないから」ただそれだけです
ただ、後年彼はIntelやAmazonの株を買わなかったことを後悔したことを述べています。
暗号通貨は、気づいた人がいち早く調べて周りの人に勧めた人も多いです
ただ勧められて買わなかった人も多いでしょう
それはある意味正解でした。
買った所で暗号通貨について何も知らないんですから上がったときにすぐ売ってしまったか、どこかで使ってしまうのがオチでしょう
「投資は自己責任で」の裏には投資判断は必ず自分でという意味もあるんです。

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください