0Comments

プラストークンとHYIPとの違い。本物になるか?

実は私は日英韓のトリリンガルなのですが、プラストークンも韓国在住の方から紹介いただきました。その紹介者が先月韓国で行われたプラストークンのセミナーに行ってきましたので図々しくもセミナー資料をもらいました今日はそのセミナー資料の一部をご紹介します! プラストークンの代表は? 韓国人のキム・ジョンインさんとレオさん。この二人が中心となってマネージメント活動をしているようです 2018年プラストークンの歩み 2018年 2月公開ICO ハードキャップ15,000ETH一人あたり1ETH マックス1000配布 7月1日~2日Chainers チャムシルロッテタワーホテルChainersとはブロックチェーン関連のコンサルタントを行っているようです。2018年の様子は韓国経済TVに紹介されましたhttps://www.chainers.io/en/ 8月25日 香港ABNEWSフォーラム プラストークン共同創業者LEO出席このフォーラムがどんなものか検索しても出てきませんでした 9月14日~15日 WBF(ワールドブロックチェーンフォーラム)2018 済州ワールドリゾート プラストークン公式オープンこのWBFはニューヨークで大きなカンファレンスを開催して、プロジェクトのコンサルなどもしているようですプラストークンはこのイベントのスポンサーになっているのが下記イベントページで分かります。ベンチャーキャピタルファンドの方や銀行のCEOがいたりとスピーカーも豪華ですねhttp://en.wbf.io/portfolio/jeju/ 10月22日 ワールドデジタルエコノミックフォーラム・ジェネヴァhttp://wdeforum.org/サイトを見るとOrganizerに先ほど紹介したWBFのCEOの名前が入ったSHENZHEN OCTOBER CULTURE MEDIA CO.,LTDが出てきます。先ほど紹介したWBFのイベントページでプラストークンを共同でスタートしたということが書かれています(上の写真でレオと握手している真ん中の人) 10月24日 中国CCTV ブランド経済会議 ブロックチェーン分野で大賞受賞他にどういったプロジェクトが受賞したのか検索しても出てきませんでした。かなりクローズドな経済団体のイベントかもしれません 11月8日~9日 WBF2018ニューヨーク 東南アジア最初のSTO取引所 設立発表11月28日 シンガポールでの仮想通貨取引所正式オープン 1月28日~29日 BPF2019 ブロックチェーン平昌フォーラム公式サイトがなかなか出てこなかったのですが、大手取引所のCoinbeneが参加していて公式ブログで簡単に紹介されていましたhttps://medium.com/coinbene-official/coinbene-at-blockchain-pyeongchang-forum-bpf2019-2421e87c9506 この平昌フォーラムは江原道(日本で言う県)がホストをしていて知事のChoi Moon Soon(チェ・ムンスン)ともレオが談笑していますね余談ですがこの知事のホームページを見るとトップに変わった踊りを披露してくれていますw だいじょうぶかこのおっさんhttp://www.moonsoonc.net/#section1とはいっても平昌での冬季オリンピック開催した実績が彼にとって追い風になってるようです 2月7日チャールズ皇太子財団晩餐会参加 意外と最近のためあまり知っている人はいないですが、チャールズ皇太子の慈善財団でこの晩餐会は社交の場プラス寄付集めの場と考えられます。普通に考えるとお金があるだけではこういう場には参加できないことは誰でも想像がつきますいくつかのメディアにも紹介されていますhttps://www.zaikei.co.jp/releases/754914/ 数あるHYIPとの違いは?というか、バイナンス上場しているコインのプロジェクトを調べてブログにしているような方ならわかるはずどこがハイプ?ポンジスキーム?とは思えない広報活動とアプリのヴァージョンアップ。 過去にはニューヨークのタイムズスクエアや北京に広告も出しました 北京タイムズスクエア そしてセミナー内で次のヴァージョンアップについて話されている動画をゲットしました https://youtu.be/n97F8f3tBhY 韓国語での告知テレグラムが有志のユーザーグループによって運営されているのですが、何百人規模のプラストークンフォーラムが毎月のように韓国各地で開催されていますプラストークンの何が問題かというと・・・・ それは紹介するユーザーです! 日本の場合は言語の壁などもあって通訳から間違ったニュアンスで伝えられることもあるように感じますし、インセンティブがすごいこともあって誇張されたり、アービトラージをやったことない方がアービトラージの凄さを語っている点も個人的には違和感を感じていますがね。私も事実確認を怠らないようにしていますので、時間のあるときに韓国語での検索もかけてみようと思っていますし、シンガポールの取引所の場所を調べて訪れてみたいと思っていますプラストークンのように配当が入るものがいくつか存在していますカークランド、ICB、BQT、Wotokenなど。「第2のプラストークン」「プラストークンより高配当」などと言って同じタイプの投資のハシゴをする人がいますが、事実確認ができないなら無理のない少額をおすすめしますHYIPのハシゴは決してリスクヘッジにはなりません。プラストークンを批判する記事もありますが、結局そのブログで誘導したい自動売買ソフトの販売が目的なものが多いです。プラストークンは2018年9月からICOに参加していない一般のユーザーに開かれました。批判記事が始まった当初の時期、2018年9月〜12月ごろのものは現在のアップデートを含めての理論ではありません。ユーザーのお金を巻き上げて逃げたい運営がどうしてタイムズスクエアにわざわざ高額のお金を払って広告を出すのでしょうか?現在のヴァージョンにはアプリに顔認証が追加されていますが、それも多額の開発資金が必要とされます。そして極めつけの告知が韓国語テレグラムでありました。それは・・・ 6月30日メインネットへの移行! 現在はERC20ベースのトークンとなっていますが、独自のブロックチェーンへ移行します。これでも詐欺という人はBitcoinなど暗号通貨自体の否定派の方たちですそういう方たちなら否定するのは当たり前です。 あなたはどうでしょうか? プラストークンの登録はこちらの記事がおすすめです↓→プラストークンの登録方法を確認する←
アバター by Yutaka
2Comments

超簡単!プラストークン運用の始め方

ブログを見て登録された方にはLINE@でサポートしています。とても簡単なのでブログにも書いておきます 「資産」の画面でウォレットに追加したいコインをタップします。画像はDOGEですが、他のコインも同じです 「転入」をタップします。ちなみに転入転出記録を見ると11月19日に入れたDOGEを回してETHを稼ぎ、DOGEが上昇したのでADDOGを停止しビットトレックスへ出金しましたが、28日以降経過しているので1%DOGEが引かれていましたAIアービトラージでの手数料は実質この1%だけです ここで表示されたのがあなたの入金アドレスです。人によって個別のアドレスになります。「アドレスをコピーする」をタップするとアドレスがコピーされます。取引所、他の外部ウォレットから送るためにPCメールにペーストして送るかメモ帳などに残して使用します送金する際は、アドレスに間違いが無いか、ペースとしたときに変な文字やスペースが入ってないか注意します 入金完了したら、「私」の右上に表示されている「AI-Dog」をタップします 数量を入れて取引コード(取引パスワード)を入力して「確定」をタップしますネット状況によっては反応しない場合もありますが、その場合はもう一度やってみてくださいDOGEコインの右の丸が右へ移動し「開いている」となっています25時までに設定した場合は翌日の配当に反映されます ここで大事なところは1.ウォレットに入れるだけではAIアービトラージで自動で運用開始されないということ。(つまり上記の設定を自分でする必要あり)2.どの暗号通貨をAIアービトラージで回してもPLUSで配当が入ること(PLUSはウォレット内でETHに交換可能) 収益で入ってきたPLUSをETHに変えるにはこちらの動画をご覧ください https://youtu.be/pYlqDsNX8wg
アバター by Yutaka
0Comments

Cryptomisoクリプトミソの見方を知って投資すべきコインを探す!

暗号通貨は本当に開発されているのか?プロダクトが完成していない暗号通貨が多い中で開発が進んでいるものが分かれば価格に影響するかも? 今日はそんな「開発度合いがひと目で分かるサイト「クリプトミソ Cryptomiso.com 」の見方と価格との関係性を調べてみます! これで爆上げコインが分かる?! クリプトミソは何のためのサイトか? 通常ビットコインも含め暗号通貨の開発はオープンソースとして公開されています。 Github(ギットハブ・ギッサブ)というプログラムコードを共有して更新できるサイトがあるのですが多くはこのサイトでエンジニアがソースコードを更新しています。Githubは暗号通貨だけではなくITエンジニアの方には知名度があるサイトのようです Githubのサイトには使用されている大手企業の名も。 暗号通貨の公式サイトを見るとたまに猫のようなアイコンが表示されているのはGithubのアイコンです。Githubに公開されていることも好感する人もいるので、気にしておくのもいいと思います。 Githubだけに公開して開発してるわけではないようですので、全てではないですがこの「Github」でソースコードが編集され保存されたときコミット数が増えます それをひと目で見れるのがクリプトミソです サイトにアクセスしたときは12ヶ月のグラフが表示されていますが、3ヶ月、6ヶ月、9ヶ月にも変更ができます グラフの右にはトップ10が表示されています。下にスクロールすると順位別にコミットの棒グラフが表示されています 3ヶ月に表示を変更して価格との影響を見てみましょう! 3ヶ月に変更したあとのトップ10はこちら。9月9日にINSが突出したコミット数になっていますね。バイナンス銘柄ですのでバイナンスのチャートも見てみましょう   INSはGithubに公開したのが7月1日からとなっていたので期間も短く参考にはなりませんでした。9月の上旬はどの通貨も大きく下げて値段を戻していて2倍になっているのはINSだけではありませんしね。 しかし、ここで新しい発見がありました。3〜12ヶ月どの期間に変更しても必ず上位に入っているのがありました それはZRXです! バイナンスのチャート(月足・ZRX/BTC)です 去年の12月多くの暗号通貨が高騰したなか12月の終値6459サトシで買っていても3倍の21000サトシで売るチャンスが2回(1月と5月)も来ています。現在10000サトシ付近ですので今売っても50%の利益。素晴らしいですね いかがでしたでしょうか? 私の場合は、ZRXのように気になるものがあったときはコインマーケットキャップで確認して公式サイトやツイッター、ブログなどをチェックして検討したりもします コインマーケットキャップについての記事はこちらをどうぞ コインマーケットキャップの見方が分かれば勝機が分かるかも?
アバター by Yutaka
0Comments

エアドロップでいくらもらえるか?100万円チャレンジ!その2

エアドロだけで100万円ゲットのチャレンジ!第2弾。 2件に参加〜 まずは簡単にできるTEMCOのエアドロ   まずはこちらのテレグラムに参加し何か一言コメントをします https://t.me/temcolabs TEMCOコイン 100 TEMCO 獲得できます 下記フォームに申請 https://goo.gl/nyZUcw 1) 招待者 私のテレグラム @yutake 入力 招待者なしでは付与されません 2) あなたのテレグラムユーザー名を入力(@もつけて) 3) MEWのアドレス入力(ERC20トークンが受け取れればMEW以外でもOK) 4) メールアドレス入力 5) TEMCOの情報を受け取ることに同意と書いてあるのでチェックし送信 そして日本発のSAKEコインもエアドロ開催 ツイッターフォロー&リツイート Discordに入りEvent2というトークルームで自分のツイッターIDとMEWの受け取りアドレスをコメントでOK 注意8月15日まで https://twitter.com/SAKE_COIN/status/1027720620853751809  
アバター by Yutaka
1Comments

ICO購入のキホンのキ

日本人がインフルエンサー・運営として入ることも多くなったICOですが、ときおり購入したICOが配布されてないと文句を言っている人がいます。 私も同じものを購入してすでに配布も済んでいて手元にあるのに何が違うんでしょうか? 今日は簡単にICO購入の際にすべきチェック項目を作成しましたので、あなたが購入したICOがまだ配布されてない場合参考にしてみてください ICOにはルールがある! ICOの購入方法は同じではありません。送金時と受け取り時が2タイプに分かれますが、基本的に購入者側でやらなくてはいけない手続きも発生します。イーサリアムベースのICOを例に見てみましょう! 購入前段階(どうやってどこに送るか)   イーサリアムベースのICOでもビットコインやライトコインなどで購入できるものもありますが、取引所からは送ると反映されない可能性があるのでやめましょう(紛失します) KYCやetherscanの使いかたなどがわからない方はこちらも読んで理解してください KYCとは etherscanで詐欺から守る! 送金後のトークン受け取り設定 マイイーサウォレットへカスタムトークンを追加しよう 運営側のトークン配布時期     ICOの購入の際にサイトに明記されていたりメールで案内が来ることもあるので、購入方法や配布時期はよく確認しましょう! 投資は自己責任です。ネットショッピングの感覚で注文したらすぐ送られてくるということは基本的にはありません。そこを勘違いしている人が多いような気がします フィッシングサイトや運営を装った偽アカウントで購入を迫る手口もありますので気をつけましょう!特にテレグラムで運営が直接メッセージを送って購入をさせることはありません 実録ICO詐欺!ここに注意!      
アバター by Yutaka
1Comments

イーサマイニング収支報告

5月16日からグラボ2枚挿しで始めたethOSでのイーサリアムマイニング 最低引き出しの設定変更に成功したあと、順調に掘れています 平均ハッシュレートは43Mh/sで推移しています。2週間後の6月1日に0.05支払われました 平均1日0.003ETHなので32日で0.1ETHほどの収益になっています   月5千円! もちろんこのままでは終わりません トレードで増やしていきますw 自主マイニングもクラウドマイニングも昔ほど利益にならないのは事実です それでも私が望んだのはイーサリアムのネットワークに少しでも参加したいという思いと、掘ったイーサリアムはICOや1年後10倍になるトークンを取引所で積立感覚で増やしていくことができるので将来的な収益は必ずプラスにすることができるという自信だけです さあ何を買おうかw
アバター by Yutaka
0Comments

DECOINはどうか?

DECOINがプレICOをスタートしていますが、どうなんでしょう? 客観的に見ることを重視しつつも主観的にいいと思う部分、う〜んと思う部分をお伝えします! どんなプロジェクトか? 簡単に言いましょう。 取引所のトークンです!以上 バイナンスのBNBと比較されるブログが検索すると出てきますが、はっきり言ってBNBとは全く違う性格のものだと思いました BNBがなんで上がっているのかというと取引所のトークンだからという理由ではなく、4期に一度バイナンスはバーンしているんですね(公式ツイッターで事前告知あり) で、どこで誰が保有してるBNBをバーンしているのかと言うともちろん正確には分かりませんが、ある程度の%はバイナンスのマーケットから買い取っている可能性を考えてもいいほどチャートが変なところで上昇しているのが見られます バイナンスの経営戦略など見てもちょっとBNBと比べるのはかわいそう・・・ もちろんDECOINも差別化を図るサービスが無いわけではありません ・ソーシャルトレーダーのフォロー トップトレーダーのトレンドフォローなどが見られたりなるようです ・仮想通貨インデックス 他のトークンをインデックスに組み込み、ユーザーに還元という話ですが、インデックスに組み込まれる他のトークンはDECOINのトークンDTEPと交換するので価値の上昇が起こるとも ・D-TEPクレジットカード 主に注目すべきはこの2つ! 1,POSを採用しているため保有者には年利6.2%の配当 2,DECOINの取引プラットフォームの収益10%〜20%を資産状況によって分配 6.2%の配当は決して大きな数字ではありませんし、下落した場合正直言ってこの年利ではカバーできませんので、他のトークンもそうですが配当だけを当てにしないほうがいいですね プラットフォームの収益分配ですが、取引所として機能するのにトレーダーが信頼しているのはこういった形の収益ではなく出来高の多さなので、上記2つはおまけ程度に考えたほうがいいでしょう。 ICObenchの評価に違いがあり 私が一つ気になったのはDECOIN側のサイトにはICObench.comでの評価が4.9とありますが、実際にICObenchで検索したところ評価は4.5でした。 https://icobench.com/ico/decoin-1 しかし評価者が増えて評価点が低くなった可能性はあります ただチームへ高く評価している評価者が多いです。チームとしては現在13名、アドバイザー8名 (のちのち増えることもよくあります)ヨーロッパの方が中心ですね プロジェクト自体は特に革新的なものではありません。競合多数の中どう広めるのかが気になる所です サイト下に運営側と思われる会社の表記が「RT 2008 LTD」とありますが検索しても出てきませんでした 最低購入金額は500ドル 受け入れ通過 BTC ETH フィアット   個人的な結論 取引所に上場したのを確認してから買ってもいいかも ただICO参加者への特典などがないか気になる所です
アバター by Yutaka
0Comments

ADHIVEのプラットフォームで稼げるのか?

春にICOに参加したADHIVEですが、プラットフォームのβ版ができています ADHIVEはインフルエンサーと広告主をつなぐプロジェクトで、海外版patronと言った感じです 来年に2回目のICOを予定していますので、それまでの進捗が問われることは運営もわかっているでしょう インスタグラム、YouTubeを使ってADHIVEのトークンADHが稼げるようなのでまずはプラットフォームに登録してみます! https://adhiveplatform.com/account/login アカウントを作成します 新規にアカウントを作成するのもいいですが、あとあとSNSとアカウントを連携する必要があるのでよく使っているSNSでログインしましょう ちなみに私の場合はインスタでログインしています ログインするとダッシュボードの左にメニューがあります まずはマイチャンネルを追加します β版ではインスタかYouTubeを選びます 現状ある自分のチャンネルを選びます インスタ・YouTubeでチャンネルを連携させるとフォロワーやチャンネル登録者の数で評価額みたいのが算出して表示されます 登録すると広告主の紹介メールが来てました ロシア語なので広告主のサイトをチェックするとオーガニックな石鹸とかを扱ってるサイトなどが出てきました 英語のサイトなどが用意されている広告主が出てきたらチャレンジしてみたいと思いますが、それよりも大事なことはICOで参加したADHIVEのプロジェクトが進行しているということが確認できた点です 大手の海外取引所ではそういった点も考慮することもあるそうなので進捗に期待します プロジェクトが進まないICOがある中で終了後この速さでβ版ができているのを見ても頑張っていると思いますね  
アバター by Yutaka