0Comments

自己トークンがなぜ必要になるか

昨日お伝えしたモナパでの自己トークン発行ですが、現状XMPというのは価値がありません。取引所に上場してないので売買ができないんですね。 ザイフの朝山さんなんかは「興味ある」ってツイートしてますが、日本でやるならザイフしかないでしょうね。 それはともかく、現状ビットコインのブロックチェーンを使用した自己トークンは意外と発行されていて、IndieSquareというアプリで発行はできていて、そのアプリと連動しているtakaraというアプリで地図上に落ちてたりするんですね。どうもクイズっぽいものに正解するともらえるような感じです。 こんな無価値のものがなぜ将来必要になるか? ビットコインが使えるところがまだまだ少ないという事です。 ビットコインで金持ちになった人は何を考えるか? 送金保管の利点を考えると、国や銀行にビットコインを持ってることを教えたくないわけです。 でもビットコインに関しては国税庁の見解が発表されたこともありできたらビットコイン以外のもので使いたい。身の回りの全てが暗号通貨やトークンで払えるようになると日本円の収入を低くして税金が抑えられたりできますし、現状の法律では、ビットコインが一億あっても生活保護がもらえたりする可能性もあるわけですね。 自己トークンはとても狭い範囲で換金の手段として使われるか、ポイントのような形でお客さんなどに上げるかというのが考えられます。 トークン保有者には付加サービスが受けられるなどのトークンもあるのでそれが一番現実的かなと思います。 まぁー普及までにはあと一年はかかるんじゃないかなと思いますけどね。 注目する所はXCPやXMPは自己トークンを発行する際、それをバーンして発行する点です。 これは何かというと株で言う償却みたいなものですね。トークンの発行枚数が減るので価値が上昇すると言われています。XCPに関して言えば1000円付近で買ったものが短期で2000円まで上昇してますしね。(現在1600円程度) モナパで使ってるXMPはブロック数によって手に入る数量が減る仕組みになっているのでICO気分で1,2年待てるなら買っておいても良いかもしれません。 買い板が6000万ぐらいに減って来てる!5000倍になったトークン
アバター by Yutaka