日本以上の金額ではないにしても何度か韓国の取引所はハッキング被害に遭っています。
それでも政府が規制を緩和していく理由に、世界のハードをほぼ独占するサムソンやLG電子の存在も忘れてはならないと個人的に思います
今年にスタートしているICOにサムソンやLGがパートナーシップを組んでいるのを見かけます

その半面日本の企業は?ソニーやソフトバンクはどうでしょうか?
日本のガチガチの規制の中、大企業が動けていないのが現状では無いのでしょうか

ここ最近の韓国政府の暗号通貨に関する規制や取り組みを紹介した記事がファイナンストゥデイ韓国版でありましたのでご紹介します


翻訳記事 ファイナンストゥデイ

 

韓国政府と暗号通貨産業間の関係は、過去数年間多くの発展をしてきた。2017年9月には、ICOの全面禁止措置が下され、1月には事実無根で明らかになったが、暗号通貨全体が禁止されるという噂が拡がったこともあった。

 

最近のアジアの国の間では、韓国が第4次産業革命のリーダーになるために努力しているという話も浮上している。韓国政府は、ブロックチェーンと暗号通貨の潜在について認知をしているようだ。韓国は過去2017年7月、全世界のビットコイン取引の14%を占めした。

 

しかし、暗号通貨とブロックチェーンの韓国政府の態度は多くの変化を見せ、現在の暗号通貨の使用に対する規制と厳格なルールを適用している。今まで暗号通貨の韓国政府の厳しい規制は、匿名取引の禁止、未成年者と公務員による暗号通貨取引の禁止、暗号通貨取引所課税などがある。

 

もちろん、これらの規制は肯定的な面もあった。最近ICO全面禁止を撤回し送金方法としてビットコインを合法化したりするなどは最近にあったことで暗号通貨取引所の分類も欠かせない。

 

最近、韓国政府は取引所を合法団体に分類した。韓国国内ブロックチェーンのスペースに合法性を付与した最近の新しい法案によると、取引所は「暗号通貨資産取引所と証券会社」に分類される。

 

これは韓国国内の暗号通貨取引所を通信商人(*IT業の意味か)に分類したが、最近規制された金融機関として認知された。最近の新しい法案としては暗号通貨とブロックチェーンにとって歴史上重要な発展に違いない。

 

もちろん、暗号通貨取引所を合法団体であると考えているのは、国内暗号通貨産業にとって好材料である。しかし、取引所が多く法的規定の対象となることは事実だ。

 

取引所で毎日の取引をする顧客には肯定的な信号である。ハッキングや詐欺などの問題を引き起こす多くの問題で頭を痛めている顧客が多かったからである。しかし、韓国政府がブロックチェーン内で見られた歩みを見れば、取引所の規制に関する最近の新しい法案を出したのは、驚くこともないということを知ることができる。

 

韓国のブロックチェーンとのブロックチェーンマーケティングとPR会社のCEOであるアンドリュー・リム(Andrew Lim)は米国メディアとのインタビューで、韓国国内暗号通貨規制新しい法案はいつかは発表される話題だったと説明した。

 

必要な変化

 

韓国国内ブロックチェーンと暗号通貨産業の過去を見ると、最近の規制の方向性の理由が納得が行く。リムは韓国政府が国内暗号通貨取引所を保護しようとする動きを開始する前に、すべてのものは未成熟の段階だったと説明した。

 

リムは「最近、私は投資家に取引所内の暗号通貨資産のすべてを引き出すことを警告したが、数時間も経たないうちビッサムのハッキング事件が起きた。そのとき私は政策立案関連事務所でセミナーをしていた。講演の内容は取引所は、ハッキングやデータ漏洩の脆弱性であると説明をした。」と付け加えた。

 

続いてリムは「人々が数億ウォンの価値の資産を取引所にまとめて保管しておくことは合理的ではないと考えた。韓国国内取引所は、ハッキングと詐欺が横行している。ビットコイン取引所を合法団体に分類して、より厳格に監督する必要があると考えていた。そんな日が間もなく来るだろう。」と言及した。

 

韓国政府、暗号通貨合法化である

ビットコイン送金を合法化して、フィンテック企業が2万ドルの価値の韓国ウォンをビットコインで処理するように許可したのは現在の前例がなく進取の事項とすることができる。

 

しかし、規制当局が原理原則通り行うことができる。送金を許可を受け、韓国のビットコイン取引所は金融委員会(FSC)の干渉を受ける必要がなくなる。つまり取引所は、監視団体の承認を得るため43万6千ドルを保有するだけでよく、KYCあるいはマネーロンダリング防止(AML)のためのデータ処理施設があればよいということだ。

 

韓国政府が国内の暗号通貨市場関連の立場を固めながらどのような場合に強硬な立場を取り、どのような場合に革新企業が成長するための支持をするのか明らかになった。

 

中国のよう詐欺を未然に防止するためにICOの全面禁止措置が下された。措置は、匿名取引を禁止しデジタル通貨の匿名性を中心に置いた。

 

韓国国内の暗号通貨でこれらの措置があった後、多くの人が暗号通貨自体に全面禁止されないかと疑問を抱いた。噂が広がり、20万人を超える人々が今年1月韓国政府に嘆願書を提出したりした。結局噂は静かになった。

第4次産業革命

 

韓国が暗号通貨への立場は多少変更されたといえる。暗号通貨が嫌いになった、好きになったという話ではない。韓国政府は第4次産業革命のリーダーになりたいのだ。

 

暗号通貨に対する韓国政府の立場の変化は明らかだ。 ICOが一時禁止されたことあるが、韓国の与党であるとともに民主党のホン議員のおかげで5月ICO禁止が撤回された。ホン議員は「合法化の主な目的は、ブロックチェーン産業が直面する不確実性を排除するものである。」と述べた。

 

韓国の特別な専門担当班が第4次産業革命を推進しながら、去る5月29日暗号通貨規制の目的について再考をすることになった。

 

また、韓国政府の暗号通貨に関する立場の変化が生じ、国内ブロックチェーンと暗号通貨産業内に多くのことがあった。例えば、科学情報通信技術部は、6月21日ブロックチェーンの技術開発戦略を発表し、韓国銀行は5月暗号通貨とブロックチェーンを使用に関して研究し始めた。

 

SKテレコムなどの企業は、去る4月23日ブロックチェーンの技術で資産管理サービスを発表した。また、サムスンは6月30日にCello 3.0というブロックチェーンベースの物流プラットフォームを発表した。

 

韓国の取引所

 

韓国政府が最近ブロックチェーンに関連して発表した新しい法案はブロックチェーン、取引所などに関する内容が込められている。ビットコイン取引所は、現在合法団体とみなされこれは非常に重要な進歩である。政府が認めたということは、暗号通貨産業が合法的に認められたという意味であるからである。

 

しかし、このような政府の動きは、ブロックチェーンと暗号通貨規制に苦労した取引所には諸刃の剣になることもある。

EOSアジアの韓国運営総括的なジョン・ユン(John Yoon)は、米国のメディアとのインタビューで、「暗号通貨とブロックチェーンは今月末(*7月のこと)か8月に韓国政府が再分類すると聞いた。取引所及び取引は重要な話題である。ほとんどの韓国人はビッサムやアップビットで取引をする。」と言及した。

 

ユンは、政府は毎日取引所で取引されるユーザーに肯定的な動きを見せるだろうと言い、取引所は監視を厳しく受けると付け加えた。

 

韓国の政府省庁は新しいブロックチェーン産業分類計画最終案を発表するために、6月末から関連業務をしてきた。もちろん新しい分類は長期的に取引所の当面の保護と認知内容も含まれる。しかし、規制はより厳しくなりなるだろう。

 

日本と比較

 

暗号通貨とブロックチェーン産業の韓国の歩みは、日本がビットコイン取引所に直面した問題と比較することができる。まず取引所コインチェックが去る1月26日のハッキングに遭い、2014年2月7日にはマウントゴックスもハッキングを受けた。

 

日本政府は、韓国政府と同じように取引所が政府と規制当局の望ましい基準を遵守することを求めている。しかし、日本の厳しい規制は副作用も多かった。いくつかの取引所は廃業し、日本の取引所ビットフライヤーやビットバンクは、日本の仮想通貨取引所協会(JVCEA)を脱退した。

 

しかしユンは韓国取引所は日本が経験したように、副作用が大きくはないと説明した。むしろユンは韓国政府の新しい規制は取引所を成長させると述べた。

 

規制の始まり

日本であれ韓国であれ、規制当局が暗号通貨とブロックチェーンに足を踏み入れたときに戦争が連想されるようだ。新しい分類が取引所をたくさん変化させているからだ。暗号通貨関連の会社はより厳格な取り締まりを受けており自ら発展を選ぶかあるいはドアを閉じるかいずれかの帰結になるだろう。

 

しかし、基本的なレベルで良い面もたくさん見ることができる。暗号通貨産業は、もともと制御がなかった。今は制御が開始されるため、暗号通貨産業内に残りたい企業は努力をしなければならない。結局、取引所の規制と合法取引所の形成などはブロックチェーンと暗号通貨産業をさらに合法化させる過程で、健康的な環境のための足場を作ることになるだろう。

 


話はそれますが、韓国の韓流は国を挙げて行った結果です。94年にIMFにお世話になった国だけにどんな時代でも金融不安を忘れていないのが韓国だと私は思っています。

第4次産業革命のリーダーを目指すと記事にありましたが、日本・中国を出し抜いてアジアトップに躍り出れるかは目前なのでは?

 

 

 

シェアお願いします(^o^)

    1 Response to "(翻訳記事)韓国の取引所、ICOまたはブロックチェーンの発展過程"

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください