今後も期待しているIOTAへ深くハマる記事がCrush Cryptに紹介されていましたので翻訳してみました!

元記事「https://crushcrypto.com/iota-cryptocurrency-deep-dive/


IOTAとは?

IOTAはその核となるTangleと呼ばれる発明を利用したパブリックな配付方式です。Tangleとは有向非循環グラフ(DAG)に基づく新しいタイプの分散方式です。ブロックはなく、チェーンはなく、マイナーもいません。

IOTAは当初2015年12月のクラウドセールを通じて約50万ドル分のBitcoinと他の暗号化通貨で資金調達されました。すべてのトークンは創設者、開発者、または顧問のために配布されること無くクラウドセールの参加者に発行されました。

チームが自分自身にトークンを割り当てなかったことを考慮して、コミュニティはIOTA供給の約5%を非営利IOTA財団に寄付することにより、プロジェクトのビジョンを支援することに決めました。

チームが自分たちにトークンを割り当てなかったことを考慮して、コミュニティはIOTA供給の約5%を非営利IOTA財団に寄付することにより、プロジェクトのビジョンを支援することに決めました。

IOTAプロトコルは、マシン間での支払いを手数料なしで可能にし、今後のモノのインターネット(IOT)の発展のためにスケーリングソリューション(規模拡大のための問題解決)を提供することにより、この機械経済を可能にすることを目指しています。

Internet of Things(モノのインターネット)は「インターネットを介して日常の物・目的対象に埋め込まれたコンピューティングデバイスを相互接続し、データを送受信できるようにする」と定義されています。

Tangle

TangleとはIOTAプロトコル専用に作成された有向非循環グラフ(DAG)に基づく新しいデータ構造です

有向非循環グラフ(DAG)はそれ自体ループバックすることなく一方向に移動する複雑なデータ構造です。これをさらに解説する説明があります:

グラフは、エッジで互いに接続されたノードの構造です。指示されるとは、ノード間の接続がある方向を有することを意味する。 A→BはB→Aと同じではありません。非循環とは、非円形を意味します。それは同じノードが二度出現することがないエッジにそってノード間を移動します

IOTA Tangleは接続されたノードがトランザクションデータであり、DAGはコンセンサスがシステムの本質的な部分であります。コンセンサスが分離され、マイナーを必要とするブロックチェーンの代わりに、Tangleのトランザクションは、2つの以前のトランザクションを確認しなければならず、分散型で自己規制型のピアツーピアネットワークになります。

これはネットワークがどのくらい大きくなっても、IOTAのトランザクション手数料は常に無料です。なぜならトランザクションを送信する人は、以前の2つのトランザクションを確認するだけでいいので、わずかなPCの計算能力しか必要としないため手数料を支払う必要がありません。

Tangleのトランザクションが確認を受け取り、確認を受け取ったトランザクションが確認を受け取ると、最初のトランザクションの累積重量が増加します。累積ウェイトが増えるにつれて、トランザクションはより信頼性が高くなり、タングル内で永遠に保護されます。

Tangleの視覚化を以下に示します(時間は左から右に移動します)


主な特徴

Tangle:上のセクションを参照してください

ゼロトランザクションコスト:タンングルの内部動作は、トランザクションのいずれかの終了時に料金を必要としないトランザクションの手段を提供します。これによりブロックチェーンよりも利点が得られます。特に、モノのインターネット(IOT)上で急に発生するマイクロトランザクションの場合に有効です。

スケーラビリティ:ブロックチェーンベースのネットワークとは異なり、Tangleはより多くのユーザーとトランザクションがネットワークに入るにつれより効率的になります。 Bitcoin、Ethereum、およびその他のブロックチェーンネットワークは、IOTAが将来対応する必要のない大きなスケーリングの課題に直面しています。

固定トークン供給:IOTAプロトコル内にインフレがないため、新しいトークンが作成されることはありません。 IOTAの発行・供給はすでに終了し、2,779,530,283,277,761で永久に固定されています。

量子耐性:量子コンピュータは理論化されていて実際には構築されていませんが、将来暗号化(特にハッシュベースのシグネチャ)に依存するシステムに大きな影響を与える可能性があります。しかし、IOTAは、Winternitzのワンタイム署名方式(W-OTS)を現実的に偽造不可能なものとして研究しています。


主要なマイルストーン
2016年10月24日:APIライブラリのための$ 5,000の最初のIOTA財団の承認が発表されました。
2016年11月27日:IOTA JavaScriptライブラリが最初のIOTAライブラリとしてリリースされました。
2016年11月29日:IOTA Testnetは、プロトコルによるコミュニティ実験のために発表されました。
2016年12月3日:IOTA GUIがリリースされました。
2017年2月8日:IOTAモバイルウォレットが公開されました。
2017年3月24日:IOTAの協力と楽しみを学び創造するためにコミュニティ主導としてIOTA Learnがリリースされました。
2017年5月5日:IOTAのエコシステムファンドが発表されました。約1,000万ドルの価値があり、IOTAの成長を促進するために設計されています。
2017年6月13日:最初の取引所でIOTAのリストが始まりました。
2017年6月20日:IOTAは、DLT(Distributed Ledger Technologies)Research&Innovation Networkを立ち上げました。
2017年8月8日:IOTAのCurlハッシュ関数がKeccak-384で切り替えられました。
2017年9月7日:ボストン大学とMITのIOTAチームと研究者が、IOTAのCurlハッシュ関数による脆弱性に関する報告を発表しました。
2017年9月24日:IOTAチームは、高周波取引用に設計された双方向性のオフタングル支払いチャネルであるFlash Channelsを発表しました。
2017年10月19日:Boschの支援を受けているChicago ConnectoryとIOTA Foundationがパートナーシップを発表しました。
2017年11月3日:IOTA財団は、ドイツの法律で非営利団体として正式に登録されています。
2001年11月23日:IOTA財団は、暗号化およびセキュリティ会社のCYBERCRYPTを採用して、Curl暗号化の成熟を支援します。
2017年12月22日:IOTAは東京都からアクセラレータプログラムに参加するために選ばれました。
2018年1月4日:IOTAと国際輸送イノベーションセンター(ITIC)とのパートナーシップが発表され、自動運転車両試験台に取り組みました。
2018年2月7日:IOTAエコシステムは、開発者、スタートアップ、愛好家、世界的な取り組みのプラットフォームとして発表されました。
2018年4月19日:ElaadNLは、IOTAで充電と支払いを行うことができる最初のIOTAスマート充電ステーションをリリースしました。
2018年4月20日:IOTAとInnoEnergyとの提携により、eモビリティとスマートエネルギー市場の新しいビジネスモデルを模索することが発表されました。
2018年5月2日:IOTAはモビリティオープンブロックチェーンイニシアティブ(MOBI)に参加しました。
2018年5月22日:国際連合(UN)の活動に透明性と効率性をもたらすために、IOTAとUNOPSとの間で発表されたコラボレーション。
2018年5月29日:Trinityモバイルウォレットのベータ版がリリースされました。
2018年6月11日:IOTAとフォルクスワーゲンは、自動運転車の概念実証を発表しました。
2018年7月7日:EU委員会はIOTAと欧州のスマートシティコンソーシアムがスマートなポジティブなエネルギー都市の創造に協力することを承認しました。
2018年7月25日:Audi Think TankとIOTA FoundationがTangleベースのモビリティ・ユースケースを探求するパートナーシップを発表しました。
2018年8月15日:エコシステム開発ファンド受領者の初めてのコホートが発表されました。
2018年8月25日:Trinityデスクトップウォレットベータ版がリリースされました。
2018年8月28日:富士通はIT機器製造サービスの新しいプロトコル標準としてIOTAを命名しました。


将来の開発

IOTAの次の段階は、エンジニアリングヘッド、エドワード・グレブがこの記事で概説しています。

研究開発面では、IOTA財団はIOTAインフラストラクチャ、ネットワーク分散化、Dapps、暗号化、IOTAの採用/使用の推進に取り組んでいます。

さらに、IOTA財団が実施している18のプロジェクトがあります。ここにいくつかのプロジェクトがあります:

コーディサイド:Coo-less IOTAの解析、モデリング、シミュレーション。

Crypto Spec:ピアレビューのためのIOTAにおける暗号の詳細仕様。

Consensus Spec:ホワイトペーパーの概要を基にしたIOTAコンセンサスメカニズムの詳細仕様。

攻撃分析:既知のネットワーク攻撃ベクトルのシミュレーションと分析。

キュービック:Tangle上のオラクル、アウトソーシングされた計算、スマートコントラクトを可能にする。

ローカルスナップショットとパーマノード:ノードオペレータがTangleの履歴を適切に維持または廃棄できるようにします。

トリニティウォレットのロードマップがここにあります。デスクトップ、モバイル、クロスプラットフォーム上で動いているチームがノードクォーラム、暗号化QR、多言語サポートなどをアップデートしています

何が構築されているのか、何が完了したのかについては、リンクされたトリニティのロードマップを参照してください。

最後に、プロトコルとエコシステムに関する一般的な更新については、IOTAブログに注目してください。


分析
強み

このTangleはグローバルに手数料無料の支払いを可能にする革新的な新技術です。IOTAがInternet of Thingsで発生するマイクロペイメントをマシン間でバリューを転送することに適していることを意味します。

IOTAはインフレがなく、固定供給が永遠にある。これは、長期的なトークン所有者にとって、トークン価値の観点から有益です。

IOTAプロトコルは、ネットワーク上でより多くのトランザクションが発生するとスケーラビリティが向上するように設計されています。さらに、トランザクションの配置から検証までの時間は、ネットワークが十分な大きさに達するとゼロに近づきます。

IOTAとの最大のパートナーシップはフォルクスワーゲンです。 VolkswagonのBlockchain責任者は、2019年にDigital Carpassプログラムの立ち上げが予定されていると述べています。これはIOTAの技術の検証であり、暗号通貨が実際に採用されることにつながります。
IOTAのクラウドセールは、50万ドルで妥当な金額を調達しました。最近の多くのICOよりもはるかに少ないです。彼らは大きなプレセールスボーナスを持っておらず、チームにはトークンを割り当てていませんでした。 クラウドセールは公平に実行され、利益を上回るコミュニティ構築を促しました。


弱み

BitcoinやEthereumなどのブロックチェーンベースのシステムとは異なり、プルーフ・オブ・ワーク(POW)のディフィカルティはIOTAネットワークには適応しません。つまり、Tangleのセキュリティは、処理されているトランザクションの数に直接依存し、実際の状況にセキュリティレベルを適応させる方法はありません。
IOTAの共同設立者Sergey Ivanchegloは、カールハッシュ関数の欠陥は意図的であり、プロジェクトのコピーを防ぐための「コピープロテクション」として設計されていると主張しています。これはオープンソースコミュニティに対する敵対的行為であり、IOTAは技術の進歩のために自由に利用可能なコードベースを作成する意思がないことを暗示していました。
マシンツーマシンの決済ネットワークとして機能するIOTAの目標は、ネットワーク上に高速の通貨が存在することを意味します。これは、IOTAが長期投資として価値を損なう可能性がある。なぜなら、保存する価値のある通貨としての役割を果たさないからである。

2018年8月からの漏洩記録は、Sergey Ivancheglo、Dominik Schiener、および他のIOTA創設者の間の落ち込みを明らかにした。 Ivanchegloは、「私はDomink Schienerをもう信用していないし、IOTA財団を辞めてIOTAのより良い未来を守るべきだと思う」と述べた。財団はその後、落ち込みのための黙った感情を責めて、状況についての説明を発表した。ドミニクはこのような状況のために辞任しなかったが、IOTA財団の将来の問題の可能性を強調する可能性がある。
パラサイトチェーンとしても知られているサイド・タンングルは、以前はIOTAトランザクションの確認率に影響を与えてきました。これらのパラサイトチェーンは、スパマーが変更されたソフトウェアを使用して自分自身を参照するだけのヒントを選択し、IOTAの確認率を6%と低くした結果です。
このプロトコルは、3桁の-1,0、および1を含む平衡三元項と呼ばれる数値システムを使用します。
IOTAは、すべてバイナリシステムを使用する既存のハードウェアおよび通信ネットワーク上で動作するように構築されています。つまり、内部の3進表記はすべてバイナリでカプセル化しなければならず、記憶容量と計算上のオーバーヘッドが増加します。


結論
総合評価:C

IOTAは、Tangleの発明を考えモノのインターネット(IOT)の主要通貨になるという崇高な目標を考えて、暗号通貨の世界の中でもよりユニークなプロジェクトの1つです。

このTangleは手数料のかからないトランザクションのための手段を提供し、理論的に量子耐性があり非常にスケーラブルであるため有益です。

それにもかかわらず、トランザクションの確認処理を中断させる可能性のあるサイド・タングルなど、プロトコルには大きなセキュリティ上の懸念があります。 IOTAネットワークはまだ実験段階にあり、モノのインターネットのためのマシン間決済システムとして機能することを保証するために、今後も厳しいテストが必要となるでしょう。

また、IOTAはマシン間の通貨として使用され、機械は一般的に高い残高を保有しないので、IOTAは高速の通貨で苦しむことになる。 IOTAが設計されている高速度は、そのトークン価値を傷つける可能性があります。

オープンソースコミュニティに対するチームへの敵意は、オープンソースの原則が、特に開発者にとってコミュニティ構築の原動力となるエコシステムにおける大きな問題です。彼らはこれを回避したり、世界中の開発者を引き付けるオープンソース技術に対する姿勢を変えなければならないでしょう。

創業チームは、一部のメンバー間に大きな不信感があり、今後もうまく協力し続けることができない可能性があることを示しています。スタートアップのチームメンバーが緊密に協力し合い、コミュニケーションがIOTAの成功に最も重要であることを考慮すると、これは大きな懸念事項です。

しかし、IOTA財団は、大企業とのパートナーシップを確保し、IoTの採用を進めるために努力して、ビジネス開発面で大きな仕事をしています。彼らはTangleが改善され、安全な分散型システムとして確立された場合、彼らに大きな利益をもたらす強力なサポートネットワークを持っています。


個人的に長期保有、短期トレードとしてIOTAをチェックしています。IOTA財団への人の入れ替えがやたらあるなと公式ツイッターを見て感じていたのですが、内部の意思疎通がうまくいってないという見方もあるようです!

 

 

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください