日本人がインフルエンサー・運営として入ることも多くなったICOですが、ときおり購入したICOが配布されてないと文句を言っている人がいます。
私も同じものを購入してすでに配布も済んでいて手元にあるのに何が違うんでしょうか?

今日は簡単にICO購入の際にすべきチェック項目を作成しましたので、あなたが購入したICOがまだ配布されてない場合参考にしてみてください


ICOにはルールがある!

ICOの購入方法は同じではありません。送金時と受け取り時が2タイプに分かれますが、基本的に購入者側でやらなくてはいけない手続きも発生します。イーサリアムベースのICOを例に見てみましょう!


購入前段階(どうやってどこに送るか)

  • 1

    ダッシュボードは用意されるか

    購入希望者(ホワイトリスト)への登録をする際にメールアドレスをIDにしてパスワードを登録する場合があります。
    一人ずつユーザーごとにアカウントが作成されダッシュボードが用意される場合があります
    KYCとして本人確認書類を送るのもこのダッシュボードから行います
    送金先も各ユーザーごとに作成されます

  • 2

    アカウント作成の必要がなくサイトにICOの購入アドレスが表示されている場合か

    公式サイトに一つのアドレスで複数からの送金を一括で受け取るICOもあります。この場合、フィッシングサイトの可能性もあるので、ICOの評価サイトからのリンク、公式テレグラムチャンネル・公式ツイッターのリンクから飛び、必ずお気に入りに入れておきましょう
    etherscanでアドレスを検索してどのぐらいの反響があるのか念の為見ます

  • 3

    送金手数料の指定はないか

    マイイーサウォレット、IMTokenからイーサリアムを送る場合GASとGweiが指定される場合が多々あります。手数料の指定をしている場合、ケチって手数料を安く設定して送金すると相手に着金されません。こなれている人は安めの手数料で送っても相手に着金できるように送れるのですが、送金失敗すると手数料のイーサリアムは戻ってきませんので指定されているなら指定されたとおりに送りましょう

 

イーサリアムベースのICOでもビットコインやライトコインなどで購入できるものもありますが、取引所からは送ると反映されない可能性があるのでやめましょう(紛失します)

KYCやetherscanの使いかたなどがわからない方はこちらも読んで理解してください

KYCとは

etherscanで詐欺から守る!


送金後のトークン受け取り設定

  • 1

    マイアカウントのダッシュボードから購入した場合

    マイアカウントから指定されたアドレスへ送金して購入した場合、着金が確認できると購入数量が通常すぐマイアカウントへ反映されます。
    この場合、設定で受け取り専用のERC20トークン対応のアドレスを登録する必要があります。私の場合、後々の管理のことも含めて受け取りアドレスは送金したときに使用したウォレットのアドレスを設定しています。

  • 2

    公開アドレスで購入した場合

    一つのアドレスで受け取りをしているICOの場合、送金が完了するとすぐにトークンが送られる場合がほとんどです。受け取りアドレス、送金数量をフォームに入力して運営側に教える必要がある場合もあるので送金する前に注意事項をよく読みましょう トークンをウォレットに反映させるのにはカスタムトークンの追加を自分でしなくてはいけません。カスタムトークンへ追加する情報はサイト・テレグラム・メールで案内される場合が多いです

マイイーサウォレットへカスタムトークンを追加しよう


運営側のトークン配布時期

 

  • 1

    ダッシュボードから送金指示が必要

    マイアカウントで設定した自分のアドレスは単にどこから送金するかを伝える役目だけもあります。マイアカウントを作成した場合、ICO終了後およそ1週間から1ヶ月ほどの配布時期を設定しています。購入した時期によっても配布時期は異なるケースも有りました
    配布時期になったらマイアカウントから再度受け取りアドレスを設定して送金指示をします。
    送金も即時や3営業日かかる場合も

  • 2

    公式サイトからではなくインフルエンサーから購入した場合

    基本的にはインフルエンサーのさじ加減によります。自動の配布システムを使っていないので、それぞれ申請が必要です
    他人から購入した場合、公式が提供しているAirDropなどの特典が受けられない場合もあるので注意が必要です
    個人的にはあまりおすすめしていない購入方法です


 

ICOの購入の際にサイトに明記されていたりメールで案内が来ることもあるので、購入方法や配布時期はよく確認しましょう!

投資は自己責任です。ネットショッピングの感覚で注文したらすぐ送られてくるということは基本的にはありません。そこを勘違いしている人が多いような気がします

フィッシングサイトや運営を装った偽アカウントで購入を迫る手口もありますので気をつけましょう!特にテレグラムで運営が直接メッセージを送って購入をさせることはありません

実録ICO詐欺!ここに注意!

 

 

 

シェアお願いします(^o^)

    1 Response to "ICO購入のキホンのキ"

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください