先週16日からノアコインが上場して話題になりました(私は買ってませんけど)

で、バーンするって事で一段と値上がりが見込めると言ってる人がいました。
でもちょっと待ってください。
バーンするからと言って上がる理由にはなりませんよ


暗号通貨のバーンとは

コインの発行枚数の数を意図的に減らす事(消滅)
株式では株式消却と同じ考え方です。需給バランスが改善して価値が上がると考えられています。

通常株式消却の場合、マーケットに流通している株を買いあげるので株式の場合は上昇すると一般的に考えられていますが、暗号通貨の場合のバーンはどのタイミングでバーンするのかによって価格に影響のないものと影響が出てくるものがあります

その辺を理解して上昇するのか判断した方がいいですね

価値が上がる理由にならない場合


それはICO終了してすぐにバーンする場合です。

ICOで発行予定の数量のうち、全部が売れることはあまりありません。

平均的に60%がICOで販売されていますので例を出します。

例えば私がユタカコインというのを新規で100枚発行するとします。
そのうちの60枚をICOでセール計画を立てます。
しかし、50枚しか売れませんでした。
売れてない10枚はバーンして総発行量を90枚にします。

なぜバーンするのか

ICOのホワイトペーパーで記載されている通り、もともと計画されていたものだったりします。

上記の例のように売れ残ったコインをバーンする場合、そもそも市場で流通してないので売り買いは発生していません。

 ICO が終わってすぐそのプロジェクトがコインをバーンする場合価格に影響することはあまりないです。
どのタイミングでバーンするのか見た方がいいですね

今回のノアコインについては ICO が終わってすぐにバーンしたので運営側が単純に持っていたコインをバーンしています。
現実にHitbtcのマーケットでは上がるどころか下がっていますので関係ないということですね。

コインの時価総額は(発行量×市場の価格)ですから、この辺を運営が気にした場合価格が動かなければ、バーンすると単純に時価総額が下がりますが、なぜ上がるのかという理由はコイン運営側が大量のコインを持っていると市場参加者がそれを気にするんですね。今回のノアコインのバーンは約1200億NOAHだそうです。1200億NOAHが市場で売られたらどうなりますか?

価格の上昇には壁となることが誰でも予想されます

ただこういった話題が評価されることも多いので悪いとは言えませんが、ノアコインは相当数をまだ運営側は持っていますので上昇と下落を繰り返していくのかなと個人的には考えています。ホールドはしませんが、トレード的にはボリュームも有りやりやすいです。

バーンの良い例としてはバイナンスの BNB でしょうね。
これはバイナンスが決算時の利益に基づいて一定の割合をバーンしてくんですね。こういう場合のバーンはバイナンスがバーンするために市場から買い上げることも考えられるので価格の上昇が考えられます


まとめ

バーンするから上がる!今が買い!
とただ煽る人の投稿は信用するに値しないww

 

 

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください