たまに暗号通貨ってなんですかと聞かれることがあるのでまずは基本について簡単に書いていきます。


暗号通貨とは一体何か


まず暗号通貨とは一体何かということですが
その前に「法定通貨」いわゆる米ドルだったり日本円、これは法定通貨、いわゆる普通のお金として皆さんご存知だと思います。
暗号通貨との違いとはなんでしょうか?法定通貨 これは政府あるいは中央銀行が発行し、これはお金ですと認めているもののことです。日本だと日銀が発行してこれはお金だと認めているのでお札には日本銀行券と書いてありますよね?
これに対して暗号通貨
最大の特徴は政府も銀行も介在しないお金だということです
子供の時にやった人生ゲームってありますよね この中におもちゃのお金が入ってませんか?
例えばある10人でこの人生ゲームのお金を普通のお金として10人の間ではお金として流通させるという取り決めを行うとします
この瞬間人生ゲームのお金はこの2人の間ではお金として流通させることができます。自分たちでそうしようって決めたからです
なのでそのうちの一人がやっている美容室で髪を切ってもらったとき私は日本円か人生ゲームのおもちゃのお金でも支払うことができます。
その人生ゲームのお金が私から美容室をやっている人に移動したとき、他の方がそれを承認すると言ったイメージです。
逆に私から受け取った人生ゲームのお金をその人は他の人がやっているお店でサービスを受けたとき人生ゲームのお金で支払うことができます。私達の間ではそれはお金として取り決めをしているからです
このやり取りの間に銀行は入っていませんよね。
個人間でのやりとり これが大きな特徴です


暗号通貨は個人間でのやり取り


例えば皆さんがよく使うLINE、これは本当に便利ですよね?
どこにいてもLINEさえあれば連絡がとれます。しかしこれはNTTを一切介していません。携帯の会社からも請求はされていません。個人間のやりとりで大きな仕組みを変えたと思います
暗号通貨も仕組みは似ています。大きな組織を介在せず個人同士で取引ができます
いつであろうと誰であろうとね
ではなぜLINEがここまで普及したのでしょうか?」
それは便利だからです
LINEというアプリをお互いに持っていれば海外の友達とも無料で通話ができます。ではなぜ暗号通貨が普及するのかですが、これは必要性があるからです。
暗号通貨が必要な理由 それは送金の手段です。
お金を送る手段として暗号通貨はものすごい必要性を持っています
日本人なら誰でも銀行口座を一つは持っていますよね
でもそれは当然だと思わないでください
日本って銀行システムがよく発達しているので日本だけにいると気づかない点かもしれません
昼の3時までに振込手続きをすればそれが大阪だろうと沖縄だろうとその日には届きますよね?
昼の3時を過ぎていたとしても翌日には入金されますよね?
手数料は数百円ですよね
これが日本人にとっては常識ですよね。ですがこれは世界の常識ではありません
銀行口座さえも持っていない人が多い国は多くありますし、国内間で送金して当日あるいは翌日に届くような国は珍しいですよ
例えばアメリカ国内でニューヨークからロサンゼルスに送金した場合、およそ3日から5日かかります
手数料は数千円。一回の振込に数千円、けっこうしんどいですよね・・・・
そんな国の人達が銀行口座はないとしてもスマホを持っている人にスマホからスマホへ送金ができて手数料はゼロに等しい値段で送れたらほしいと思いませんか?
私が韓国にいるとき年金のお金を支払うために毎月毎月日本の自分の口座に韓国から振り込みました
15000円程度送るのに手数料は4000円から5000円取られてました
 
しかし暗号通貨ではスマホさえあればそんな心配は必要ありません
ものの一秒で送金が完了して手数料は50円程度
この送金手段の部分が暗号通貨の最大のメリットです


暗号通貨を便利にする様々なサービスが誕生


それにビットコインのvisaのデビットカードがもうすでに存在していてそこにビットコインをチャージすると海外でも店で使えるんですよ。ビットコインATMがあれば現地通貨で引き出せる。便利じゃないですか?
日本のある取引所なんかではね、ビットコインを販売したい人が登録できるようになっていて直接その人に会ってビットコインを買ったり売ったりできるサービスもあるんですよ。
今外貨の両替相場を見るとドル円は116.48です
同時にビットコイン日本円は1bitcoin 12万8290円ぐらい。
ビットコインアメリカドルは1151.30なので同じ12万8290円を銀行などでドルに両替すると1101.39で50ドルも違うんですよ。日本とは違って世界では瞬時に送れて手数料がほとんどかからない送金手段を必要とする方がとても多い、だから世界に広がっているんです
 
しかし暗号通貨が日本であまり広がってこなかった理由は必要性が感じられないっていうところもあるんです
日本では銀行システムが発達していますし、国際送金する機会が多いわけではありません


まだまだ暗号通貨が怪しいと思われる理由


この暗号通貨が初めて誕生したのはビットコインですでに暗号通貨の基軸通貨として成立していますが、日本人にとってはまだ怪しいと思う人もいるようです。
日本で誕生したビットコインの取引所マウントゴックス社の幹部がユーザーのビットコインを横領した事件がありマウントゴックス社は破綻しました。
しかしこれはビットコインが怪しいわけではありません。
例えば、自動車メーカーは時々車両や部品の不具合でリコールを出しますが、BMWがブレーキの不具合で事故を連発したからと言ってトヨタやホンダなどの他の自動車メーカーを怪しいと思う人はいないでしょう。いやむしろやっぱりトヨタだよねとかいってトヨタの自動車を見に行くかもしれません。それは皆さんが「車」について知っているからでしょう
知らないということを怪しいと端的に決める前によく勉強してみようと思ってほしいですね。
マウントゴックスの事件はいくつもあるビットコイン取引所の経営破たんであってビットコイン自体の事件ではありません。
暗号通貨が怪しいと思われるにはまだ理由があります。
それは数えられるだけでも2000以上の暗号通貨が誕生していてその95%は詐欺と言われています。そしてそういう詐欺の暗号通貨はたいていユーザーを広めるためにマルチネットワーク商法で広めます。
要するに今買えば何年後かに倍以上の価値がついてそれを広める代理店の権利もつく。こんな具合です。
もちろん本物もありますが95%はほとんど詐欺です。しかも詐欺じゃないかは2年か3年しないとわかりません。その暗号通貨が消えれば簡単にいうと詐欺ですし残っていれば本物でしょう
ビットコイン自体はPRするような媒体を持ちません。ユーザーが広まっていった中で自然と拡大してきたと言えるでしょう(それについては後で記します)
そして現在も怪しいと思われている新しい理由は、ビットコインを使った様々な投資案件があるからです。
例えばライトライズという投資案件。
イギリスの高速道路に速度装置を置いている会社にビットコインで出資します。すると配当がビットコインであなたに毎日入ります
こんな具合です。が、3ヶ月ほどで影も形も無くなり多くの方が損をしました。
こういった投資(というか投機)案件はまた大抵マルチネットワークのシステムを組み込みます。あなたの紹介した人がいくら出資すればあなたには何%入ります。とかね。
しかしこれもマウントゴックスの事件と同じでビットコイン自体の事件ではありません。個人間で自由にやりとりができるが上に悪用したい人にうまく利用されています。
2017年4月改正資金決済法により日本国内のビットコイン取引所の規制・監視が国により行われます。
取引所で買ったり売ったり、または誰かに送金したり都内の飲食店で使う程度ならビットコインはとても便利な決済手段です
 
次は暗号通貨の基軸通貨ビットコインがなぜここまで広まってきたのか。歴史なども見ながら書きたいと思います
こちらの記事もおすすめです↓↓
仮想だからなくなるんでしょ?という話

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください