0Comments

AVH:波多野結衣さんの限定写真集が来た!

今年2月に上場してたびたびお勧めてきたAVHですが、これまでHitbtcの売買でもだいぶ稼がせてもらいました 4月に1999AVHで波多野結衣さんの限定写真集をボーナス付きで販売していたので、これまでのお礼も兼ねて購入しました そのボーナスとは・・・ 1999AVHで1000冊限定(うち99冊に波多野結衣さんのサイン入り) 購入者には1,999〜199,999AVHがウォレットに同梱 ということは・・・・ これほぼただ! 早速買おうということでHitbtcから送ろうとしたんですが 「これはひょっとして取引所から送らないほうがいいやつでは」 公式ツイッターで聞いてみたら「ERC20対応のウォレットから送って」ということでしたのでHitbtcからMEWへ移動。AVHの出金手数料に1333AVHもとられてしまいました そして本日到着!   そして開いてみると・・・・ でた〜99冊分の1のサイン入り! その中にはAVHがもらえるQRが!   このQRコードをスマホで読むとサイトに飛びますので下にMEWのアドレスを入力します 私の獲得AVHは3999AVH!波多野結衣さんありがとうございます!   10分後にMEWを確認してみると着金してました! ちなみにAVHをMEWに追加するときは下記情報を参考にしてください アドレス:0xd7CDdD45629934c2f6ED3B63217bD8085D7C14A8 シンボル AVH 桁数:18   9割の取引をCoinTigerで行われているAVHですが、HitbtcではAVH/ETHの取引をよくやっています AVHのCoinmarketcap 写真集の中にちょこちょこAVHのプロジェクトのことが書かれているのですが もっと応援しようかな〜ということが書かれてありましたが、どうなるかわからないので これは秘密にしときますww
アバター by Yutaka
0Comments

HDAC大丈夫?韓国ブロガーの関連記事を翻訳

去年辺りから日本でも販売されていた韓国財閥現代グループのICO「HDAC」(現代コイン)ですが、韓国国内でも賛否両論別れていたので購入は控えました 5月18日にメインネット公開に関連した韓国ブロガーの記事を見つけましたので韓国語ペラペラの私が一部要約してお伝えします 参照・翻訳記事「https://steemit.com/kr/@atomrigs/hdac」   (1)メインネット公開日とプレマイニングについて 5月18日の公式ローンチ宣言まで82,345個(推定値)のブロックが既に作成されています。エクスプローラ上ジェネシスブロックにDAC発行があったのか、なかったのか確認できず正確なプレマイニングのDACの数の把握ができません しかし、エクスプローラーのメインページで見ると総採掘量の確認ができました 現在ブロックハイトが88,319で採掘されたコインの数が8,217,279.91だと出てきます。現在のブロックあたりの報酬が5,000 DACなので単純に計算しても採掘されたコインの数はこれよりもはるかに多いことになります したがってエクスプローラに出てくる採掘コイン数は、信じられないとして実際の採掘されたコインを追跡してみました ジェネシスブロック0 - 採掘されたコインがないかどうか不確実性、フルノードで確認が必要との判断 ブロック#1〜ブロック#16800:ブロックごとに100,000 DACずつ、合計1,680,000,000 dac採掘 ブロック#16801〜ブロック#82345(メインネット公式宣言前):ブロックごとに5,000 DAC 合計327,720,000 dac採掘 大量のdacがメインネットローンチ前に採掘されている だからジェネシスブロックにdac生成がなかったのだろう では、この採掘量がICO中に発表した内容とあっているか確認してみました 発行量120億のうち、7%開発チーム、保有株と7%プレセール/ TGE分とあります 12,000,000,000 * 14%= 1,680,000,000 dac したがって、ブロック#16800まで採掘されたのは、この14%までの分量と正確に一致します。もしジェネシスブロックで生成されたコインがない場合は、この部分は説明がされます。しかし、公式メインネット公開までに採掘された327,720,000 dacコインは理由がありません。この期間中に採掘され、アドレスが少数と見るとhdac内部で採掘されたと推測できます いったいこのコインは誰がなぜ採掘したものであり、もしこれがhdacで採掘したものであればどのように処理するのでしょうか? 言い換えると、14%のプレマイニングが終わって なぜすぐメインネットオープンを正式に宣言しなかったのか? (2)オープンソース メインネットを立ち上げながら、どうしてバイナリのみ公開してソースをオープンしていないのか? メインネットに上げながら、初めてソースを公開することでは非常に不十分です。テストネット段階からオープンソースにして、コミュニティとのコラボレーションに発展させていくことが望まれます。それはオープンソースをベースにした、適切な開発方法論です。メインネットがローンチし、ソースを上げていないのも問題だがさらに疑惑を深めることがある githubのリリースページを見ると、バイナリと一緒にソースも上げているように見えるが、ファイルを開けてみると、同じバイナリファイルでした。 このように上げた理由は何だろうか? ソース公開する意思はないのか? 公開するならいつするのか? (3)採掘プールサポート テングル(ネット掲示板)にいくつかの採掘プールが急に上がってきています。事前に十分にテストしてセットアップされたものではなく、hdacで公開したフルソースをベースに急いで作ったもなので非常に不安定な状態です。自動補償配分もうまく動作していないようです。 ホワイトペーパーを見ると、ePoWと呼ばれるプロトコルを使用して、いくつかの採掘プールの報酬を独占することができないように採掘機会均等を目指すとされているが、このような内容が採掘プールのハッシュ量との関係があるのか​​不明である。   現在、多くのブロック作成をしてきた非公開のプールや採掘者が存在していると思われます。これらは公開された完全なソースと他のプログラムを使用しているのだろうか? 正しいオープンプールなければhdac自体や、特定の勢力に不合理な利益を与えることになるだろう。 オープンプールが正常に戻るようにhdacが積極的に支援したり、サンプルのプールをオープンする意思はないのだろうか? (4)コミュニティのコミュニケーションチャンネル 現在hdacのコミュニケーションチャンネルはどこか? より積極的に採掘コミュニティ、オープンコミュニティへの参加で議論し、問題を改善解決しようとする意志はないのか? メインネットをオープンして、一般人は採掘すらできず、あらゆる疑惑と質問が出ても、このような部分に対応する準備もしていなかったでしょうか? スイスでどのくらいのお金を集めたとかメディアでどんな報道があったのかとか、このようなものだけが重要ではない。 「大企業のブランドを利用しているから、それだけでコミュニティの信頼は心配する必要はない」 もしこのような考えを持っている場合は、単にプライベートチェーンに切り替えてパブリックチェーンという旗は降ろすことを望む HDACは日本の知人も購入している方がいるので記事にしました。 ざっとグーグル翻訳にかけておかしなところを日本語に修正しました この記事の中で特筆すべき点は「不明なプールでのマイニングが確認」されている点です 先日HDACのマイニングプールにおいて不正なマイニングが確認された記事がでるやいなや 削除されていたこともあっていろいろな疑惑はいなめません・・・ モナーコイン、ヴァージなどが51%攻撃を受けて不正流出したことで思うに ICO、取引所での売買、資産としてのホールドどちらにしても運営元を私達はしっかり選ぶ必要があるとおもいます
アバター by Yutaka
2Comments

ネムの公式ウォレット「Nano Wallet」を作ろう!

Pundixに参加した人はすでに作ったと思いますが、今後も必要になるかもしれません 今回はネムの公式ウォレット「Nano Wallet」の作成方法を記事にします これでネムベースのICOへの参加も安心です まずはネムの公式サイトへアクセスします ネム公式サイト 下にスクロールするとWindowsとMac、Linux用のダウンロードボタンがあります 解凍したフォルダを開くと「NanoWallet」のアイコンがありますのでクリックして開きます Macの場合、APPストアか開発元が確認できてないものは開けませんのでシステム環境設定から一度開きます   ウォレットを開くと右上に言語の変更ができますので、日本語にしておきます はじめて作成するので「アカウントの作成」をクリックします     シンプルウォレットをここでは作成します 「準備できました」をクリックします メインネットのまま「次へ」をクリック 好きなウォレット名をつけて「次へ」をクリック ウォレットを開く際に必要なパスワードを設定してください スタートをクリックします Doneになったら「次へ」をクリック 説明を読んで「同意」ボタンをクリック パソコンが壊れたり紛失した場合にバックアップファイルをダウンロードします あとで、USBにうつして保存します 「ウォレットファイルをダウンロードしました」をクリックして 次に進みます 次に秘密鍵(プライベートキー)を表示させてどこかにコピーしておきます *秘密鍵はいちばん大事なものです!自分だけが分かるようにしておきましょう 次の画面がでたらOKです 自分がつけた名前のウォレットを選んでサインインします *2回目からはログインからこの画面を出します 受取アドレスを表示する時はアカウントをクリックします   アドレスに表示されているのがあなたのアドレスです 今回はPCでのネムウォレットの作成をしました! 次回はスマホと連携したいと思います! 最新ICOレポートはこちら↓ http://bitcoiner-yutaka.com/icoreport01ver/ LINE@登録はこちら↓ https://line.me/R/ti/p/%40joy6015n パソコンで見てる場合はスマホでID検索お願いします ID @joy6015n iTunesポッドキャスト始めました 「巷のクリプトカレンシー」 https://goo.gl/B3NV6M
アバター by Yutaka
0Comments

ICOの成功とは?を考えてみる

先週久しぶりのセミナーを行ったのですが、参加者と話してみるとそれぞれ持っている情報や悩みが違うのでいつも新鮮です この界隈に興味を持っている人たちって詳しい詳しくないに関わらず、知っていることが違うんですよね。ある方はなんとか楽してビットコインを増やしたいと思ったり、ある人はネットビジネスの人たちから来た怪しいICOの情報を持っていたり、暗号通貨のセミナーに参加しまくって他のセミナーの情報を知っている人がいたり セミナーのときにはたいてい言ってるんですけど、人によって情報が違うので会場で一緒になった人とお互い情報交換をしてみるのをおすすめしています ICOの成功って一体なんだ? 運営側から見ると第1段階はソフトキャップ到達だと思います 個別にあってる投資家からうちうちに確定している金額もあるかもしれないので、ここでスタートとするICOもあるでしょう、中継地点とするICOもあるでしょうね そして第2段階はハードキャップ到達 金額にもよりますがハードキャップをソフトキャップの4倍ぐらいに設定しているとハードキャップ到達は運営側にはラッキーパンチ?ここまで集まるとAirDropとかもできますね そして第3段階 これは段階というよりは「壁」と言ってもいいのかもそれは法規制をどうかいくぐるか これが今年の春になってでてきたキーワードです   そしてICOの最終段階はプロジェクトの進行 投資家目線で考えた場合人によって変わるのかもしれませんが、私なりに考えた投資家目線でのICO成功を次は考えてみたいと思います ICOが「法規制をどうかいくぐるか」という点についていい例になる案件があったので現在調べています どんなものか気になる方は・・・・ 今すぐ登録してICOレポートを待つ!!
アバター by Yutaka
2Comments

ethOSマイニング〜ナノプールの最低引き出し額を変更編〜

イーサリアムマイニングをしているとデフォルトの最低引き出し額が0.2ETHになっていて、多くの人がこの設定の変更に四苦八苦しています なんとそれに成功しました!すでにマイニングが進んでいてある程度掘れている人には注意する・私が失敗した点もありますので熟読してくださいね 純粋にethOSのみでイーサリアムのマイニングをしている人に絶対有益な記事です How can you change "minimum payout on nanopool??  for miner ethOS user , it is best post  5月7日から遠方の友達を呼んで有無を言わさず手伝わせたイーサリアムマイニングでしたがwナノプールでの最低引き出し額を変更するのにここ1週間いろいろ調べていました 日本語で検索してもあまりHITしなかったので英語で検索すると結構出てきました この悩みは世界共通かもしれませんw 日本語では初!の記事になるかと思います ⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓⇓ local.confにメールアドレスを入力してマイニングすれば良さそうだ Type your e-mail address on local.conf file but Where ? 色々と調べていく中でわかったのが初めのマイニングスタート時にlocal.confに自分のイーサリアムウォレットのアドレスを上書きして保存したと思います これをやらないとナノプールにメールアドレス入れて変更しようとしてもincorrect passwordと出てしまいます 前回の記事ナノプールで設定の変更を諦める 海外youtubeチャンネルやブログ、redditを見ていくとウォレットアドレスの後に/worker name/e-mail addressを入れれば大丈夫と書いてありました。メールアドレス入力するだけでもOKと書いている人もいました ethosのみでマイニングしている場合 これはやらないでください! if you just
アバター by Yutaka
0Comments

イーサリアムマイニング〜ethOs追加編〜これを読めばあなたにもできる!

5月7日から始めたethosでのイーサリアムマイニング 1週間経ってマイニング数量や軽微な設定変更したのでご報告します GPU1枚で7日マイニング 平均ハッシュレート17〜20 マイニング数量:0.012ETH ナノプールの最低引き出し数量の変更はethosのデフォルトのサーバー使用のままでは変更でき無さそう・・・・ ちょっとこの辺は実際にマイニングをやってる人を見つけてから設定変更はしたいと思います ethosは2ヶ月に一度ほどアップデートをしていて私が購入したあとアップデートされていましたので、アップデートしました アップデートの前に一度PCを再起動しモニター右に下記コマンドを入力 sudo ethos-update && sleep 5 && sudo reboot 約30分ほどかかってアップデート終了!簡単ですね ethosのサーバーは3つ。どなたかのブログでサーバーをアジアに変更したほうがいいと書いていた人がいたのでlocal.configのpoolploxy1をasiaに変更 特に効果はないかも 最低引き出し0.2ETHまでGPU一枚だと16週かかる計算・・・・ 勢い余ってグラボもう一枚追加しました 2枚めを挿し込んで電源ユニットとグラボを新しいケーブルで繋いでPCを起動! グラボはメーカーが違うと認識しない場合もあるそうなので注意が必要ですね 2枚だとグラボのファンの騒音がすごい 2枚挿しの平均ハッシュレートは34〜54とアップしているので0.2ETHまでは8週間ぐらいでいけそうですね やはりマイニングするなら3枚挿しでスタートがいいかも 3枚だと月に0.2ETHで10ヶ月ぐらいでパーツ代は回収できそうです 今の電源ユニットだと3枚挿しにあっていないのでとりあえずこのまま様子を見てみます イーサリアムマイニング準備編 イーサリアムマイニング設定編 イーサリアムマイニング設定編2
アバター by Yutaka
0Comments

取引所Zaifの特徴〜意外と知られてないボーナス!〜

Zaifの特徴と知られてないサービスをご紹介します 去年の夏あたりからセミナーなどでお伝えしていた取引所Zaifのうまい使い方を初公開!w 去年独自ICOで約300億円もの資金調達に成功したZaifですが、サーバーが弱く注文が通らないことでヘビーユーザーからは非難ごうごうな取引所ですが、いいえここを使うメリットはそれでもあります! Zafiにログインするとトップにメニューがあります BTC/JPYというのをクリックすると他のコインのチャート、注文画面に切り替わります 下にスクロールすると左から「売買板」「全取引履歴」「チャット」が表示されます 「注文と履歴」のタブをクリックすると自分の注文中、約定履歴が表示されます Zafiの取引手数料 Zaifは取引手数料がマイナスとなっています 「マイナスって何?」 じつは取引金額に応じて残高に日本円がもらえます メーカーで100万円売買した場合、約500円もらえます 買い、売りの往復で1000円ということです これが短期売買する人にはなにげにデカイ! 私でも一時このボーナスだけで5000円ほどボーナスで入っていました ただし注意しないといけないのは翌日の10時〜24時の間にログインして 「ボーナス獲得」のボタンをクリックしなくてはいけないことです! そしてもう一つ!ログインするだけでもらえるボーナスもある! なんと受け取り条件を満たすと1日100円もらえます! 条件 本人確認が済んでいること BTC/JPY XEM/JPY XEM/BTC MONA/JPY MONA/BTC 以上の取引高が過去3ヶ月において10万円以上であること もしくはZaifコイン積立で買い付けが開始していること 残高に3ビット以上あること このボーナス結構前からやっていて年間3万6500円ただでもらえます!w *実際に私がもらったボーナス。1日ログインし忘れてもらいそびれました これも翌日の10時〜24時のあいだに「獲得ボーナス」のボタンをクリックするだけ! こういったボーナスもあって午前10時11時の時間帯はボーナスで得た日本円で安いトークンの買い注文が入るため気持ち値が上がりやすいです 扱いコイン、トークンは日本一の数!その数15種類! BTC建てもあり!   トークンはビットコインよりも価格の上下が激しいのでうまく拾えればビットコインよりも利益をあげられます 扱いトークンの特徴は省略しますが変わったトークンが多いです 5000倍になったトークン メリット売りを使いこなせ! 注文フォームの下部に「メリット売り」というのがあります 使い慣れると結構便利です! こんなオーダーを入れるとします BTC 1BTC 100万円 買い注文 メリット売り106万円 100万円の買い注文が入ると自動で約定した分の売り注文がメリット売りで入力した価格で入ります 夜寝る前に朝100万円まで落ちるかな〜と思って買い注文と一緒にメリット売りに106万とか入れておくと下ヒゲがひっかかって買いが入り、次の日昼ぐらいにこれまた値段を戻した所で売りが入って半自動で利益がとれた〜ってこと結構ありました 売り注文のときは「メリット買い」を入れられるので現物ショートをかけるときは念のため入れています あの堀江貴文さんが出資したことでも知られるZaifですが、積立コインやZaicaでGO、今では中止となったユーザーが登録してビットコインを対面販売できるビットコインATM、活動自体も知られていない仮想通貨アイドルなど面白いことに挑戦してきているZaif サーバーが弱いという批判もありますが、これからも面白いことに挑戦して欲しい! 私はそう思います 複数の取引所が使いこなせるとアービトラージもできます アービトラージの記事
アバター by Yutaka
1Comments

イーサリアムマイニング〜ethOs設定編2〜これを読めばあなたにもできる!

前回の続きですが、気づいたことがありますのでシェアします! ethosでマイニングできてるけどMEWに反映されてないので?と思いましたが 結果大丈夫でした! パーツ準備から組み立て、ethosの設定までを前回記事にしました。 まだの方はこちら↓↓ 準備編 設定編   公式サイトの上のメニューに「pool」というのがあるのでクリックすると・・・・ こんな画面になります マイニングに設定したMEWのアドレスを入れてみます 一応マイニングはできてるようです(右) 真ん中上に最低支払いが0.2ETHと表示されています。このままだと2ヶ月待たないといけないのですが、右のsettingsというのがあるので一応クリックしてみます メールを登録すると最低支払いを変更できそうです!がなんかややこしいので諦めました・・・・ 友達が選んでくれた0.5枚ぐらいのGPU性能があるCPUでしたが、読み込みません ethosは最新ヴァージョンでしたが、型番の違うグラボを挿すと読み込まないという公式のFAQであったのでそれも関係あるかもしれません。 なのでもう一枚注文しましたww グラボ一枚で一日2.2ドルぐらいなので2枚で一日5ドルぐらいですかね 来週にはグラボ追加してみます!
アバター by Yutaka
1Comments

イーサリアムマイニング〜ethOs設定編〜これを読めばあなたにもできる!

前回色々とパーツに問題がありましたがちゃんと返ってきましたw マイニング用のマザーボードにしてないと読み込まないとブログで書いている人がいたので心配してましたが、あっさり終わりました 前回の記事「パーツ準備編」はこちら 前回9割パーツを組んでからのトラブルでしたが、マザーボードが戻ってからは20分?ぐらいで終わりました ethOsの設定も英語版の公式サイトどおり USBを差してPC起動したらethOsが勝手に起動、あとは公式のクイックスタート通りやりました 右側にコマンド入力の画面が出てきます 自作PCのみでマイニングするならリモート操作はオフにしたほうがセキュリティ上いいそうなので次のコマンドを入力してリモート操作をオフにします # echo -n "" > /home/ethos/remote.conf && echo "remote config turned off"   Run helpme to get a list of commands, your stats panel link, and rig status. helpmeエンターでこのOSの特有のコマンドリストを手に入れます (HPにもリストはあるので必要ないかも) Force ethOS to keep
アバター by Yutaka
1Comments

国内取引所:ビットフライヤーを使いこなす!

取引所の登録が完了してもそれぞれの取引所の使い方がうまくできていない方がいるので、まずは国内取引所の特徴と使い方をご紹介します 今回は、国内大手取引所「ビットフライヤー」の特徴を知って賢く売買しましょう! 日本の取引所は金融庁の事業者登録の許可を得ています マネロン、その他の不正利用を防ぐため顧客の本人確認が必要となります PCでログインすると右側にアカウント情報が表示されますので、下記のようにFacebookの連携以外は完了しましょう ちなみにFacebookの連携はどの取引所でもおすすめしません Facebookは他の人がよくアカウントが乗っ取られるのを見るので Facebookのアカウントを他人が使って取引所にログインされるのはいい気はしないですよね *未完了なものはメニューの設定からやっていくか、ログイン時トップに表示されるので落ち着いて画面を確認してくださいね 主に使う所はこの3つ 左のメニューにある「ビットコイン販売所」「アルトコイン販売所」「ビットコイン取引所」 販売所はビットフライヤーと売買することになりますので手数料がかかっているため、市場の価格よりも「買う時は割高」となり「売る時は割安」となります 初心者の方には説明しやすいこともあってこの販売所でビットコインを買うことを勧めている人もいますが、株やFXをやったことのある人ならスプレッド(買値売値の価格差)に驚く人もいます アルトコイン販売所 現在ビットフライヤーで扱っているアルトコインは6種類 イーサリアム(ETH)、イーサクラシック(ETC)、ライトコイン(LTC)、ビットコインキャッシュ(BCH)、モナーコイン(MONA)、リスク(LSK)       売買したいアルトコインを選ぶと売買の価格が表示されます。数量を入れて「コインを買う」または「コインを売る」をクリックすると売買できます これも「販売所」なのでビットフライヤーから買うことになります 手数料はアルトコインに関しては現在無料とのことです とはいっても他に比べると割高です ビットフライヤー手数料一覧 ビットコイン取引所 ASKとBIDの価格と数量がユーザーから提示されています 売り板買い板の見方については過去の記事を参考にしてください 操作になれるのはこの取引所からの売買です。海外取引所では板での売買が基本になってきます メールアドレスにもビットコインが送れるのはビットフライヤーだけ メニュー下にある「bitWire(β)」ではメールアドレスを入力すると受信相手に送れます 基本的な送金方法ももちろん可能です 「送金方法」 受け取るメールアドレスと送りたいBTCの数量、任意にメッセージも送ることができます ここでの注意は 受取る方が bitFlyer アカウントを持っている場合は、即時に送付を完了します。 受取る方が bitFlyer アカウントを持っていない場合は、メールでご案内いたします。二週間以内にアカウントが作成されない場合は、送付手続きしたビットコインはお客様へ返還されます。 メールアドレスを間違えて送付するとビットコインは取戻せません。 取引所を一か所のみ使用していると他の取引所でもできると思ってとんだミスや誤解をしがちです 日本の取引所は独自のサービスや昨日を用意していることを理解して使い倒しましょう!
アバター by Yutaka