0Comments

実録ICO詐欺!ここに注意!

ICOで一攫千金を狙う人も多いと思います。今日は私が実際に被害に遭いそうになったICO詐欺の一例をご紹介します。 それは先日紹介したAdhiveのKYCが完了し購入しようとしていました。 しかし、なぜかAdhiveのダッシュボードでは画像のように✕が 公式テレグラムで他の人のコメントを見ると買えてるようなので、「✕がついてて送信アドレスが表示されないよ〜」と泣きつきました。そもそもこのダッシュボードは購入希望者(ホワイトリスト)のためのものなので✕がつくのはおかしいと思っていたんです。 結局運営側から無視され諦めていました・・・ そしたらダイレクトメッセージで運営側からメッセージが来たんです。 色々直接やり取りした上、「このアドレスに送って」というので怪しいと思いました。 まだ時間があったので「買うのやめる」と言って断ったんです。 で、Adhiveは2月の中でも注目していたのでがっかりした私は他にICOを探すことにしました。 それがこれTV-TWOなかなかプロジェクトも面白いし来週東京でMeetupやるので候補に入れました。ここの公式テレグラムにもKYCが必要か聞いたら「必要だけど4月のパブリックセールはやるかわからないよ」と言われてしまったんですね。そっかぁプロジェクトも面白いし外部サイトの評価も高いからなぁなんて思っていたら、また運営側と思われるアカウントからダイレクトメッセージが! 「ここに送ってくれたらプレセールと同じ30%ボーナスつけるよ」というので感謝!とか思って送ろうとしたんです。でも眠いから明日の夜やるかとか思ってその日は送らなかったんですね。 次の日、テレグラムから立て続けに運営側からダイレクトメッセージが来たのでそういうのもあるのかなとはじめは不思議に思わなかったんですね。 でもまあ一応念には念を押してダイレクトメッセージが来たアカウントが本当に運営元かユーザーネームを確認して見たんです あーら不思議@のあとのユーザーネームが微妙に違う!(左スキャム 右ADHIVEの本当のサポートのアカウント) 指定されたアドレスをethrscan.ioで検索してみたら微妙な金額入金されていてすぐ他のところに転送されていました! 「詐欺師確定」 ということで運営に報告し事なきを得ました。 今回の学習点 公式テレグラムでダイレクトメッセージは無視しましょう! どのICOのテレグラムでも言ってますがICO側のスタッフがダイレクトメッセージでアドレスを指定して送らせることは絶対にありません!! あっ買いたかったAdhiveですが、後日ダッシュボードを見たら購入できるようになってたので無事購入しました。KYCが完了して2,3日後だったのでやっぱりKYCは早めにできるようにしたほうがいいですね。ほっ 他のICOのテレグラムで運営を詐欺とかコメントしている人がいたんですが、よくよくコメントを見るとその人もダイレクトメッセージで来たアドレスに送信してしまったみたいです。(本人は気づいてないようですが・・・)金融リテラシーを高める意味でこの記事が参考になったら幸いです ☆ICOが気になる方はこちらもおすすめ☆ ☆KYCとは? ☆ICO購入の準備はOK? ☆販売終了後即日2倍になったICO まだ私のICOレポートをダウンロードしてないんですか? ☆2月3月のICOレポート☆ ⇐ダウンロード 3月4月も引き続きレポートを出していきます
アバター by Yutaka
4Comments

KYCとは?

最近のICOではKYCができないと購入できないものも見かけられるようになりました このKYCは急にやろうとすると人によっては時間がかかってICO側の期限が過ぎてしまった…なんてことにならないようにICOでの戦略も考えている人には知っておいて損はありません KYCとは know your customerの略で顧客確認の意味です。 つまり本人確認ですね。 欧州ではICOを販売するときにこの確認ができない場合販売できないんですね。 個人情報を提出するのにナーバスになる人もいるかと思いますが逆に言うとICO販売側が法に則っているとも言えます。 私が購入予定のadhiveの例ですと、1、まずパスポート2、英文の住所が確認できる書類(電気、保険など一部携帯電話の領収書は不可) 1、日本人の場合パスポートが無い人はこの時点で購入はできないと思います。取得には1ヶ月ぐらいかかるので無い人は余裕を持って早めに持っておいたほうが良いですね。 英文でないと受け付けてくれないので運転免許証では無理ですね。 2、電気や水道の領収書は英文では発行できないので日本のは使えませんね。これがネックです。 自治体にもよるのかもしれませんが私の住んでる自治体に聞いたら英文の住民票は出してないそうです。 adhiveのサイトを見てみると銀行残高証明書はいけそうなので、銀行に行って依頼しました。 ネットバンクの場合は電話か書類などで依頼します。 私は住信SBIと三井住友銀行を使ってるのですが、SBIの残高証明書はネットからダウンロードできますが住所が入っていませんので使えません。 三井住友銀行は入ってますが、7日から10日ほどかかりますので早めに銀行窓口に行って取得しましょう。 ICOの購入までの一般的な流れは公式サイトでメールアドレス登録(ニュースレター)→ホワイトリスト登録(購入するためのダッシュボードなど用意することもあり)→(2段階認証やプロフィール設定、KYCなど)→購入→イーサリアムベースの場合受取アドレスへ送金 まだ私のICOレポートをダウンロードしてないよ と言う方はこちらからどうぞ 2月3月のICOレポート
アバター by Yutaka
0Comments

販売終了後2倍になったICO

平昌オリンピックも始まってスポーツ中継、 ニュースに目が離せませんが相場もやや上昇傾向ですね。 去年GACKTさんのICO spindleを調べていた時にかなり変わったICOのつぶやきをたまたま見つけて 買いたいなと思っていたのですがサイトを見ても 購入方法などの記載がなくもしかして内輪で終わった?などとすっかり忘れていました 今思えば情報をキャッチしたのが早すぎたのですが… で、ついこの前思い出してそういえばどうなってるかなと思ってサイトを開いてみると 2/2にcointigerという取引所で独占販売し2/3にそことhitbtcに上場していました。 しかも前見た時は公式SNSチャンネルはなかったのですが、 しっかりツイッターやテレグラムが出来ていて加藤鷹さんもツイッターで告知をしていました。 台湾ではミートアップもやったようです。 公式サイト http://av.cash/default.htm アジアでは、故飯島愛さんや蒼井そらさんなど日本のAV女優の知名度も高いですし、私のように韓国やアジアで住んだことのある人と話すと日本のAV産業は世界一だと言いますw ぶっちゃけAV関連は小学生からおじいちゃんまで見ますしね ただ乱立しすぎてるが上に女優さん、制作側とのギャラの問題だったり、ネットで無料で配信されたり知的財産権が荒らされまくってる業界ではあります。 今年はブロックチェーンから様々なアイデアを形にするICOが出てきそうです 個人的には俳優の山田孝之さんがICOやったら買いたいと思っていますね 5000倍になったトークン 2月3月のICOレポート
アバター by Yutaka
0Comments

1月仕込んだICOそして2月の調査

1月の暴落をなんとか逃げ切れてるのですが、いまいち上がるのに時間がかかりそうなので、一部ICOで回す戦略に変えています 1月仕込んだICO 1)Travelflex これは2日に2つの取引所へ上場しましたが、タイミングも悪かったのもあってICOの価格よりも一時下げてます。まぁICOってすぐ上場してもプレプレで買ってる人がすぐ売りに行くので私のようにプレとかパブリックセールで買ってる場合は1ヶ月ぐらいは売り時を狙っていかなくてはいけません。 バイナンスに上場する噂もあるので待ちます。 2)Patron かなり前から注目されてましたね。なんとなくアクセスして登録したら100%ボーナスがついてたので0.5ETHほど購入。これはHitbtcに上場する予定みたいですね 3)Datecoin LINE@では紹介したこともあるデートコイン。出会い系アプリのICOです。購入時のダッシュボードが なんかちゃっちいのですが、イーサ送ったらすぐ反映されてました。これも0.5ETHほど https://datecoin.io/ これはまだプレセールやってるので興味ある方はどうぞ。 セミナーなどでおすすめのICOは?とよく聞かれるので自分なりの調べ方を動画に撮りました https://youtu.be/Zw4q15HSQZo 2月はロックトークンにガッツリなので3月はどうするか悩みますね。 ICOレポートを公開しています こちらからダウンロード
アバター by Yutaka