0Comments

投資マインド〜騙される経営者〜

こんばんは! 先週からテスト投資していたアルトコインを売り払い原点でも有るビットコイン投資に戻りました。久しぶりでしたが(と言っても10日ぐらい)やっぱりビットコイン!って感じですね。10日で取引売買利益は5万〜7万ぐらいでした。 それはさておき、事業で成功しているのにも関わらず投資で失敗する経営者が多いこと多いこと。 なんでなんでしょう? 経営者の人って本当行動が早い人が多いですよね。良くも悪くも直感的というか・・・。しかし投資にそれをやると危ない目を見るときがあります。 それはどんな時か。自分で調べてもいないで他人の話を直感で信じ込んでしまった時です。 事業は無から有を生み出せるのが醍醐味です。こんなサービスがあったらいいなと創り出すのが事業家と言えるでしょう。しかし投資は有るもので勝負するしかありません。株だったらすでに発行されている株を買うかいなか精査するわけです。 暗号通貨投資で言うとめちゃめちゃ未来があるわけです。そういううまい話に一人の経営者が乗せられるとその経営者の仲間に広がっていきます。 で、その仲間は信用している経営者が言うなら間違いない、儲かるということで投資して見事に負けるわけです。まっそんな感じで投資すると最終的には揉めますよね。 なのでプロの詐欺師は多くの人を狙わず大物の経営者を騙すそうです。 で、そういう人からまさしくトップダウンで話が周るわけです。 社長が言ってるから大丈夫。 大丈夫じゃないです。例えそれが本当に大丈夫だったとしても自分で確証を得るまで調べるべきです。 投資には、「やる勇気、やらない勇気、そのどちらかを選択する勇気」この3つがあります。 昔から経営者で騙される人は多いので会社員だから投資をしても成功できない、これも違うわけです。むしろ堅実でもくもくとやれる人のほうが投資はあってるのかもと思いますね。
アバター by Yutaka
0Comments

投資マインド〜答えは1つ〜

事業やったり、会社員で営業職やってる人だと分かると思いますが、会社の売り上げ、利益はどこから来るか? お客さんですよね 会社の商品だったり、値段とか、買う側の状況、タイミングとか売り上げが上がる要因ってのは色々考えられるとおもいます。 そのため売り上げを上げるためにまたは会社の規模を大きくするために本当に複雑に他分野のところをテコ入れして改善することがありますよね。 広告戦略、仕入先、販売先、人件費、資金繰りなどなど。 そのため、ある程度コツコツと改善していっていけば小さな個人の飲食店でも年商1000万2000万ってのは普通に行くわけです。 暗号通貨取引の点で言うと投資で勝っても負けても答えは一つです。 「あなたの判断が正しかったか間違ってたか」と言うことです。 相場が大きく下がって大損してると、相場に弱い人は色んな言い訳を考えて自分は間違ってなかったとおもいます。 てか、損出してる時点で間違ってるんですけどね。 自分の判断が間違っていたと認められる人は容易に損切りができます 相場の格言で有名な「損小利大」というのがありますよね。 ビットコイン取引の場合は特にこれが必要ですね。 これから始める人は本当に少額で始めて意識的に損小で損切りしてみる、これもオススメです。 始めた当初は利益が出やすいし多少塩漬けしててもビットコインは戻るといえば戻るんですね。 ただ大きく下がることも良くあるので塩漬けしてるんだったらさっさと損切りして次の取引に入った方がいいです 私の彼女が今年の2月から3月にかけて14万円台で100万円分ビットコイン買ったんですね。買った途端どーんとさがって10万円から12万円をうろうろしてなかなか戻らない。で、4月から5月にかけてやった!戻ってきたといって15万円ぐらいで売ってるわけです。6月まで待てれば30万円(つまり倍)になっていたのに。同じ値段で私も買いましたが私は売りませんでした。 1万2万の利益を取るために2ヶ月も待っているんだったらさっさと損切りして次の相場に入っていれば精神的にも良好なのにな〜と思ったわけです。 待つと決めたらとことん待つスタンスをとればいいんです。 意外とそういう人が多いと気づいたのでこういう記事をブログで書いているわけですが。。。  
アバター by Yutaka
0Comments

投資マインド~ 自分だけの世界がある~

以前に私が歩んできた投資経験について書きましたが、そこではよく言う成功マインドと投資マインドは同じではないと書きました。 何がちがうのでしょうか? 例えばメンターの存在 これは投資には必要ありません 私にはメンターがいませんが問題なく稼げています メンターという存在は必要ないと思っています。 初心者の方は暗号通貨の事や、取引のことなど教えてもらっている先生のような人もいるかもしれません。 それはメンターではないでしょう それをメンターというなら僕のメンターはGoogle先生ですね笑 例えば投資のメンターと同じように稼げるか? ノーですね。 同じ手法を取っていても資金が違えば結果は大きく違います。それは分かりますよね? ある人が月1000万投資で利益を得てると。あなたもやったら月1000万利益が出るかと言ったらそんな訳ないんです。 資金が違うんですから。 投資ってのは利益を重ねれば重ねるほど孤独になります。 良い意味で言えば「自分だけの世界」ですね 投資マインドの基礎は自分だけの世界を作ること、または持つ事。 買った負けたで無駄な投稿をSNSでしない事です。 *大抵そういう人は買ってるときにしか投稿しないもんです 僕はYouTubeで取引画面を収録してアップロードしてますがほぼ自分のためにやっています。 声に出すと意識するから取引結果が良いんです (なので他の人の類似した動画は検索せず自分の動画だけ見返してます) 各SNSの投稿にしても暗号通貨のディーラー仲間というかコミュニティを作りたいと思っているんです 結局暗号通貨取引において必要なのは情報をお互いに共有できる仲間なのかなと思います。そこで聞いた話を鵜呑みにすることはしてはいけませんけどね 自分より結果を出している人から学ぶ これは正しい。しかし、それをした所で同じ結果は出ません 最近良く見るのはLINE@などでICO情報や海外取引の売買情報を流してるのがありますね。私はそのとおり買いませんけど当たってるのは半々ですね。 が、情報発信元は儲かってるでしょうね。要するに自分が先に買って「あれは上がる」という情報に踊らされて皆が買います。上がった所で本人は売ると。 どんなに情報をもらっても結局あなたのお金なわけです。誰も助けてなんかくれません。お客さんもいませんし、上司も部下もいません。 なのでとても楽です パソコンの前に座ってチャートを眺めているとき、誰も入れない自分の世界。 そんな感じで暗号通貨の取引に向かっています  
アバター by Yutaka
0Comments

投資マインド〜投資は完璧な自己責任の世界〜

投資の商品を買うときに、必ず「投資は自己責任で」という言葉が入ってると思います。 僕の経験上なんですが、誰かが良いと言ってるだけで投資に入るとたいてい失敗します。 「あれは儲かる」「あれは買っておいた方がいい」 もしそこで興味があるなら必ず自分で投資するに値するか調べるべきです もし面倒で調べないなら捨ててもいい金額で買うべきです。 最も危ない人は全ての貯金をはたいて、消費者金融に借りてまでして自分で調べてない商品を買おうとするのは不思議です。そりゃ負けますって。そして最もやってはいけないことは、自分が投資したのに勧めた人のせいにする人がいます ゼロから調べていくのを積み重ねると、自分の中で基準というものができてきます 本で調べるか、ネットで探すか、詳しい知人に聞くか。 どんなに詳しい知人に聞いても結局決められるのはあなただけです 「あの人が言ってるから大丈夫だ」 これが一番危険です。 と、その逆に「あの人が言ってないからやらない」というのも同じぐらい愚かな考えです 世界的に有名な投資家ウォーレンバフェットは、IT系の株を買わないので有名ですが、それはなぜか? 「彼が知らないから」ただそれだけです ただ、後年彼はIntelやAmazonの株を買わなかったことを後悔したことを述べています。 暗号通貨は、気づいた人がいち早く調べて周りの人に勧めた人も多いです ただ勧められて買わなかった人も多いでしょう それはある意味正解でした。 買った所で暗号通貨について何も知らないんですから上がったときにすぐ売ってしまったか、どこかで使ってしまうのがオチでしょう 「投資は自己責任で」の裏には投資判断は必ず自分でという意味もあるんです。
アバター by Yutaka