2月3月ぐらいから価格に影響していたビットコインのハードフォーク問題


ビットコインコアとビットコインアンリミテッドの二つに分裂の危機というのは少し調べた人ならわかると思います

私はプログラムの知識は無いですがざっくり調べたところをまとめると2016年にビットコインは半減期(採掘量の減少)やもともとプログラミングされているビットコインのブロックサイズ(処理能力としましょう)によりマイニングしてる人達が(主に中国人)ビットコインのプログラムをアップデートしてブロックサイズを大きくしよう、そうすればマイニングの処理速度も上がって私達が稼げる!

と言うことでハードフォークのアップデートをアンリミテッド派は推しているのです
ですが!


分裂するとビットコインが無くなる?


ハードフォークのアップデートの場合全く違うものになってしまうようです

と言うことで簡単に言うと旧ビットコインと新ビットコインになった場合どうすんの?ってことで皆んな不安があった訳です

そこでビットコイン取引所の何社が共同で「旧ビットコインを今まで通り扱っていく」とか発表したり取引所によってはユーザー個別に「ビットコインを安全に保管する」旨のメールを送ったりしています

で、ビットコインコアの主張はsegwitなら分裂しないし処理能力も上がるはずだ!

と言ってるのですがここは個人間のやりとりで行われるビットコイン。

90%以上の賛成が無ければsegwitの導入はできないそうです。ハードフォークを推している(分かりやすく新ビットコイン派とします)人達は三割から四割強いるらしくsegwitの導入は当然決まりません

新ビットコイン派は簡単に言うと事実上自分達の利益が思惑にあるのでなかなか引く様子はなさそう…

さらにちょっと複雑なのがビットコインが分裂した場合、アップデートなので現在発行されているビットコインのいくつかが新ビットコインに勝手になってしまうそうです。

となると、当然価格が三割四割は普通に下がることが予想され、今13万円代なので8万か9万までは下がるのが普通と言われてます。一時的に売りを誘って6万まで下がるのではなんて悲観的な意見も出て来ていてより不安を煽っています


segwit派から新たな提案


segwit導入派から新ビットコイン派へ提案された案も「これでやればマイニングも儲かるじゃん」というのもありややsegwit導入が押しています

と、ここでやっとモナーコインの話になるのですがsegwitの導入が決定したことでうまく運営することでビットコインの分裂問題にも少しは良い影響(または悪い影響)を残すのかなと思います

特にモナーコインは日本から生まれた暗号通貨なので情報も入りやすいでしょうしね

当然ここで気づく人は気づくかもですが、ビットコインのキーワードになっていたsegwit。

知名度アップにモナーコイン運営側がsegwitを導入しただけでビットコインのsegwit派に参考にならなければまたこの話は出てくるでしょうね

*現在131000~2300円程度
特にQuoineとCoincheckの価格差が前よりも出ていて狙いやすいかもですよ!

シェアお願いします(^o^)

Leave a Reply

Your email address will not be published.

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください